DMS2019 特集
特集
» 2018年12月05日 13時00分 公開

金属3Dプリンタ:受託金属積層造形の先駆けはオーダーメイド医療を目指す (3/3)

[加藤まどみ,MONOist]
前のページへ 1|2|3       

―― 純チタンは積層造形でメジャーな材料なのでしょうか。

 日本では純チタンの取り組みはほとんどない。そのため積層造形によって造形された純チタンの造形データや物性データもない状態だ。従来の製造方法で製造されたJIS規格の材料に対して、劣っているのか優れているのかすら分かっていない。そこでさまざまな向きなどの条件で造形しながら、引張強度や疲労強度などの特性を調べているところだ。特に疲労強度の検査は大変で1回に2カ月程度掛かる。

 股関節の疾患を持つ患者は日本の女性に特に多い。医学界でも日本オリジナルのパーツの必要性が長くいわれてきた。まずはこの股関節疾患で実績を作ることができればと思う。

チタン 白い箇所がチタンで造形するパーツで、丸い部分に大腿骨の骨頭がはまる。チタンパーツは骨盤に埋め込まれる。オレンジの部分は骨盤の右半分。
前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.