ニュース
» 2018年12月10日 06時00分 公開

製造マネジメントニュース:「やっちゃいけないって言われてない」、作業指示はどこまで必要なのか

日産自動車は2018年12月7日、完成検査の不適切な取り扱いに関して新たにリコールを届け出ると発表した。これまでの完成検査問題を受けて再発防止策の浸透を自主点検する中で、合否判定が不明確な可能性のある検査を実施していたという証言を完成検査員から得られたため、リコールを実施する。

[齊藤由希,MONOist]

 日産自動車は2018年12月7日、完成検査の不適切な取り扱いに関して新たにリコールを届け出ると発表した。これまでの完成検査問題を受けて再発防止策の浸透を自主点検する中で、合否判定が不明確な可能性のある検査を実施していたという証言を完成検査員から得られたため、リコールを実施する。

 リコールの対象台数は約15万台で、2017年11月7日〜2018年10月25日に生産された10車種が該当する。追浜工場で生産する「ノート」「リーフ」「ジューク」「シルフィー」「キューブ」「マーチ」、オートワークス京都で生産する「アトラス」「シビリアン」やいすゞ自動車向けに供給する「エルフ」「ジャーニー」、三菱ふそうトラック・バス向けに供給する「キャンター・ガッツ」が対象車種となる。日産自動車は2017年10月以降、一連の問題で合計42車種、114万3540台にリコールを実施している。

 今回判明したのは、後輪ブレーキや駐車ブレーキ、ステアリングの切れ角、スピードメーター、サイドスリップの不適切な検査だ。背景には、完成検査工程において完成検査員の動作に関する解釈に余地が残されていたことや、禁止事項についての理解不足があったとしている。

 今回判明した一部の行為について、検査員は不適切だという認識を持っていなかったという。「そのため、聞き取り調査の中で『ルール通りにやっていなかったことはないか』と尋ねても証言が得られなかった。禁止事項を具体的に挙げて質問していた訳でもなかった。検査中に車両の挙動に不安を感じた結果、不適切な行為につながっていた事例もあった。また、発生する頻度が低く、監督者による作業観察の中で不適切な検査の場面に出会わなかったため、このタイミングで判明した」(日産自動車)。

 具体的には次のような行為について、日産自動車は追浜工場とオートワークス京都の完成検査員から証言を得た。その結果、合否判定が不明確で品質が確保されない可能性があるため、リコールを実施する。

  • 後輪ブレーキの制動力の検査において、本来は操作しない駐車ブレーキレバーを使用する
  • 駐車ブレーキの制動力の検査において、本来は操作しないブレーキペダルを使用する
  • ステアリングの切れ角の検査において、社内基準値内に収めるため、最後にステアリングを戻していた他、本来はステアリングがまっすぐな状態から始めるべきところで最初にステアリングを切ってから測定を開始していた
  • スピードメーターの検査で時速40kmを維持して測定すべきところ、時速40kmに到達した瞬間に測定した
  • サイドスリップの検査において、社内規定の時速5kmを若干超える時速6〜8kmで測定していた。

 再発防止策の強化のため、完成検査工程における禁止事項の周知、作業内容に対するチェック機能の強化、不適切な検査が行われないための物的対策を実施する。完成検査工程の内容を示した標準作業書に禁止事項の記載を追加し、確認と教育を実施する。完成検査員の任命のための教育でも禁止事項について指導する。「やるべきことは教えていたが、やってはいけないことが教えられていなかったのが今回の要因」(日産自動車)だとする。また、作業観察を見直し、標準作業を順守しているかどうかだけでなく、禁止事項など不適切な作業を行っていないかどうか監視することとした。

 チェック面では、検査員の作業観察を行い、検査員の相談を受け付ける作業監視員を検査ラインに新たに配置する。また、標準作業の手順が順守されているかを確認するカメラも検査ラインに設置する。

 物的対策としては、標準作業を満たさない場合に自動的に検査を無効にする制御機能を追加する。ステアリングの切れ角の検査については、社内の規格を見直す。サイドスリップ検査装置では通過する際の車速を測定し、規定内かどうかを検証する。

 日産自動車は、一連の完成検査問題を受けて、職場環境の改善や老朽化した検査設備の更新などを対象に、今後6年間で1700億〜1800億円の投資を計画している。また、人手不足による不適切行為が繰り返されるのを防ぐため、生産技術など工場の人員を2018年度で670人増員する。この計画を「まっしぐらにやっていきたい」(日産自動車)としている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.