ニュース
» 2018年12月11日 07時00分 公開

工場ニュース:ディスプレイ製造装置と成膜装置の新たな生産拠点を滋賀県彦根市に建設

SCREENホールディングスは、彦根事業所の敷地内にディスプレイ製造装置と成膜装置の生産拠点として「CS-2」を建設した。有機ELディスプレイや、フレキシブルディスプレイ製造装置を生産可能な清浄度を備えている。

[MONOist]

 SCREENホールディングスは2018年11月16日、彦根事業所(滋賀県彦根市)の敷地内にディスプレイ製造装置と成膜装置の新たな生産拠点として「CS-2(シーエスツー)」を建設したと発表した。

 建築面積は約4107m2で、延床面積は約4288m2。鉄骨造平屋建てで総工費は約20億円だ。

 同施設は、より微細化が求められる有機ELディスプレイや、フレキシブルディスプレイ製造装置を生産可能な清浄度を備えている。大型化が進むディスプレイ製造装置の他、2次電池用塗工装置の生産と品質検証、ディスプレイ後工程装置の製造に対応する。同年3月に設立した中国、常熟の合弁会社SCREEN FT Changshuと併せ、生産ラインアップの増産により、時期に合った装置を供給する。

 同社は、CS-2の建設により、ディスプレイ製造装置のさらなるシェア拡大を目指すとともに、ディスプレイ製造装置および成膜装置事業における収益性向上と競争力強化を図るとしている。

photo 「CS-2」の外観(クリックで拡大) 出典:SCREENホールディングス

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.