ニュース
» 2019年01月16日 12時00分 公開

オートモーティブメルマガ 編集後記:1年ぶりのラスベガスで見つけたUberのカイゼン

意外にも細やかなマイナーチェンジ。

[齊藤由希,MONOist]

この記事は、2019年1月16日発行の「オートモーティブ メールマガジン」に掲載されたMONOistの編集担当者による編集後記の転載です。


1年ぶりのラスベガスで見つけたUberのカイゼン

 2019年の「CES」が閉幕しました。筆者は2018年に続いて2度目のCES取材に行ってきました。ラスベガスは寒かったです。CES関連の記事は引き続き少しずつ公開していくので、ぜひご覧ください(※)

(※)CES 2019の記事はこちら

 一人で海外に行くのも2度目でしたが、多少慣れたのか何事もなく行って帰ってくることができました。今回の旅も、配車サービスのUber(ウーバー)が活躍しました。

マッカラン空港のライドシェア乗り場。よく見ると「ドライバーから駐車番号を知らされるまでここで待て」と書いてあります。写真を見返すまで気付きませんでした(クリックして拡大)

 ラスベガスのマッカラン空港に着陸したのは1月4日の22時過ぎ。飛行機の揺れに酔い、時差ぼけでへろへろの筆者は迷わずUberを呼びました。前回も空港からホテルまでUberを利用したので、「確かライドシェア乗り場は駐車場で一番遠い端っこだったはず……」などと思い出しながらトボトボ歩いていました。

 しかし、記憶に反してライドシェア乗り場は、エレベーターを降りてすぐのとても便利な場所に移動していました。疲れ切った筆者には大変ありがたかったです。この他にも、呼んだクルマに乗車するまでの一連の流れに、細かなマイナーチェンジが施されていました。

 空港とUberのマイナーチェンジの目的は「配車された車両に、いかに時間をかけずにスムーズに客を乗せるか」というところにあるようだと感じました。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.