ニュース
» 2019年01月16日 13時00分 公開

3Dプリンタニュース:2017年の3Dプリンタ世界市場の調査結果を発表、前年比18.4%増に

矢野経済研究所は、世界の3Dプリンタ市場の調査を実施し、需要分野別の動向、参入企業動向、将来展望を明らかにした。世界の3Dプリンタ市場規模は、2021年には48万台になると予測している。

[MONOist]

 矢野経済研究所は2018年12月27日、世界の3Dプリンタ市場の調査を実施し、需要分野別の動向、参入企業動向、将来展望を明らかにした。

 調査結果によると、2017年の世界の3Dプリンタ市場規模は、前年比18.4%増の27万台となった。市場では60万円未満のローエンド3Dプリンタと60万円以上のハイエンド3Dプリンタの二極化が進行しており、2018年は前年比16.7%増の31万5000台と予測している。

 ローエンド装置は、STEAM教育に関心が高い教育機関などを中心に導入が増加しているものの成長は鈍化している。一方、ハイエンド装置については、特に金属を材料にする装置の伸びが著しい。

 2017年の世界の3Dプリンタ市場における日本の占める割合は3.5%で、この割合は2021年には2.0%にまで縮小すると予測。また、世界の3Dプリンタ市場規模の2015年から2021年までの年平均成長率(CAGR)は16.7%で推移し、2021年には48万台になると予測している。

 3Dプリンタは、造形や材料の交換などの自動化、遠隔モニタリング、造形サイズの大型化などが進み、製造工場にも組み込まれはじめており、用途の拡大とともに市場は成長を続けるとしている。

photo 3Dプリンタの世界市場規模推移と予測(クリックで拡大) 出典:矢野経済研究所

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.