ニュース
» 2019年01月17日 13時00分 公開

VRニュース:Mayaの3DファイルをVRMファイル形式に変換するプラグインを公開

カシカは、オートデスク「Maya」で制作したグラフィックをVRMファイル形式に変換するプラグイン「VRM Exporter」を無償公開した。3Dモデルデータを作成後、エクスポーターを経由してMayaから直接VRMファイルに変換する。

[MONOist]

 カシカは2018年12月20日、オートデスクの「Maya」で制作したグラフィックをVRMファイル形式に変換するプラグイン「VRM Exporter」を無償公開した。

 これまでVRM形式のモデルデータを作成するには、任意のDCCツールで3Dモデルデータを制作後、別のソフトを経由してファイル変換を行う必要があった。

 同製品は、3Dモデルデータを作成後、エクスポーターを経由してMayaから直接VRMファイルに変換する。Mayaユーザーは、Unityなどを経由せず、ダイレクトに変換・表示が可能。「ニコニ立体」「cluster」「VRoid Hub」「VRM Viewer」「V WORLD」「バーチャルモーションキャプチャ―」など各種アプリケーションで利用できる。

 同社は、エクスポート方法をまとめたチュートリアル動画をYouTubeで公開中だ。また、MITライセンスの下、オープンソースとしてgithubに公開している。

photo Mayaファイルからワンタッチで変換(クリックで拡大) 出典:カシカ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.