ニュース
» 2019年01月23日 15時00分 公開

医療機器ニュース:大腸がん患者から作成した細胞モデルの3次元解析に成功

オリンパスとUniversity of Southern Californiaは、大腸がん患者由来の細胞モデルを3次元解析することに成功した。細胞モデルを3次元化することで、より正確な薬効評価が可能になるという。

[MONOist]

 オリンパスは2019年1月8日、University of Southern California(USC)との共同研究の第1段階として、大腸がん患者から作成した細胞モデルの3次元解析に成功したと発表した。細胞モデルを3次元化することで、より正確な薬効評価が可能になる。

 両者は、がんの予防、診断、治療に関する共同研究を2017年3月より進めている。オリンパスは共焦点レーザー走査型顕微鏡「FLUOVIEW FV3000」や3次元細胞解析ソフトウェア「NoviSight」を提供し、USCのがんに関する研究課題をイメージング技術によってサポートしている。

 今回、共同研究の第1段階として、患者由来の細胞モデルを3次元化することに成功。2次元培養した細胞を使う薬効試験に比べ、ヒトの体内に近い状態で抗がん剤の生体内作用を再現可能になった。これにより、3次元細胞解析などの高レベルの解析技術を用いてがん患者の細胞で起こる複雑な生体内作用を解析し、高密度な情報を提供できる。

 この成果を受けて共同研究の第2段階では、多数の患者由来の3次元細胞モデルから多面的にデータを取得し、抗がん剤を評価する有効な手法を確立していく。将来的には、がん患者から検体を取得・分析し、個人最適な治療薬や治療方針を決定するプロセスの確立を目指す。

photo 大腸がん患者から作成した細胞モデルの3次元解析結果(クリックで拡大) 出典:オリンパス

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.