ニュース
» 2019年01月25日 11時00分 公開

FAニュース:「5カ国語、タダで学べる、我が現場」――第5回 現場川柳大賞が決定!

オプテックスFAは、2018年10〜12月にかけて募集していた「第5回 現場川柳」の受賞作品を決定し、発表した。大賞は「5カ国語、タダで学べる、我が現場」が受賞した。

[三島一孝,MONOist]

 産業用センサーメーカーのオプテックス・エフエーは、10月3日が「センサー(1003)の日」であることに掛けた「現場川柳」コンテストを開催しているが2019年1月24日、第5回コンテストの受賞作品を発表した。

 オプテックス・エフエーでは、毎年10月にFA用センサーに関する啓蒙企画を実施。その目玉企画である「現場川柳」とは、モノづくりに関わる製造・開発設計・物流・営業などのあらゆる“現場”にまつわるエピソードを五・七・五で表現したもので、2014年に第1回を開催した。この第1回の開催で、大賞の「最近は、検査も妻も、非接触」など秀逸な作品が集まったことから話題となり恒例化。2018年度は第5回コンテストが開催された。

 第5回の応募作品総数は過去最高となる1万2359作品となり、元エンジニアで漫画家の見ル野栄司氏と社内選考委員により、選考を行った。その結果、大賞(1作品)、新設の見ル野賞(1作品)、優秀賞(3作品)、入賞(10作品)を選出した。大賞、優秀賞、見ル野賞に選ばれたのは以下の通り。

大賞「5カ国語、タダで学べる、我が現場」(ミス現場さん)

photo 出典:オプテックスFA

優秀賞「三人の 現場でドンと 呼ばれてる」(ちゅんすけさん)

photo 出典:オプテックスFA

優秀賞「新人が 専門用語 Siri に聞く」(なし郎さん)

photo 出典:オプテックスFA

優秀賞「ミクロまで 精度求める DIY」(ゆうくんさん)

photo 出典:オプテックスFA

見ル野賞「帰らない 上司のあの目は 飲みサイン」(おらっちさん)

photo 出典:オプテックスFA

 その他の入賞作品は以下のようになっている。

  • 試作品 動かなくても 宝物(烏蘭さん)
  • 台風に 納期遅延を 助けられ(入社五年目さん)
  • 「おかしいな」 クレーム来ずに 不安増す(くずれ荘の管理人さん)
  • 記憶には ないが記録に 出荷済(みちかえさん)
  • ロボットと 俺のあだ名が なぜ同じ(四季さん)
  • 食堂の 座席に見えぬ ルールあり(酒井具視さん)
  • あぁ電気 メカとソフトの 板挟み(こまっちょさん)
  • ヒットする 予感で辞表 引っ込める(すみれリターンズさん)
  • 選べない 家電はすべて 親会社(恋太郎さん)
  • 一番に 覚えた日本語 「さじ加減」(どらまにあさん)

 同社では大賞作品について「製造業を取り巻く環境が大きく変化する中で、その変化をポジティブに捉える姿勢が受賞の決め手となった」とコメントしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.