ニュース
» 2019年01月28日 07時00分 公開

ロボット開発ニュース:キーワードは「拡張」、“第3の腕”や“新たな歩行感覚”を作る未来型ロボット研究施設 (2/2)

[三島一孝,MONOist]
前のページへ 1|2       

人の能力と感覚を“拡張”するロボット

 パナソニックが、ロボティクスハブによるロボット開発の方向性として掲げているのが「AutoとAug」である。「Auto」は「Automation(オートメーション、自動化)」であり、従来のロボットのように人の作業を代替することで社会課題を解決する方向性である。もう1つの「Aug」は「Augmentation(オーグメンテーション、自己拡張)」を意味する。

 さらに「オーグメンテーション」は2つの方向性を内包する。1つは人の身体的機能を拡張する「Enlarge」という方向性である。そしてもう1つが人の感覚や感性などを拡張する「Enrich」という方向性である。

 小川氏は「人生100年時代を迎える中で、人の関与を排除するオートメーションだけでは人間にとって豊かな生活を実現できない。人の関与により、人が能力を拡張することで実現する価値が今後重要になる」と考えを述べている。

photo 自己拡張で目指す開発の方向性(クリックで拡大)出典:パナソニック

 これらの開発を実現するために、このオーグメンテーションの方向性については、「Aug-Lab」という学際的バーチャルラボを設置。研究者やアーティストなども呼び込み、感覚や感情、行動のメカニズムを解き明かし、提供価値と開発プロセスなどを構築していく。

“第3の腕”と感覚の拡張

 オーグメンテーションにおいて、「Enlarge」の例として、既にロボティクスハブで研究が進められている取り組みの1つが、早稲田大学 理工学術院 教授でグローバルロボットアカデミア研究所所長の岩田浩康氏と取り組む“第3の腕”を実現する取り組みである。

 これはロボット技術を活用した身体拡張を目指したものだ。ロボットによる腕を人間が使用し、意のままに操るようにすることで、従来の人の身体ではできなかったことを可能にすることを目指す。実際には人間の知覚面で「ないものを認識するので認知的な負荷がかかる。この認知的負担が低い操作感を実現することや、身体所有感を実現することなどが課題となる」と岩田氏は述べている。

 ボードをネジ止めする際に、ボードを押さえるために“第3の腕”を使うというデモを披露した。“第3の腕”を動かす位置については視線で指示し、行動のトリガーは音声指示で行う形となっている。

photo “第3の腕”を使用し、ボードをネジ止めする作業を1人で行う様子(クリックで拡大)

 「Enrich」の方向性で取り組んでいるのが、予防医学研究者で医学博士の石川善樹氏と取り組む「感覚拡張」である。デモとして用意したのは、視覚と聴覚、触覚を活用した歩行感覚を拡張するもの。プロジェクターで映した映像背景とそれに合った音、その音や視覚に合わせた触覚を再現するハンドデバイスを組み合わせることで、それを体験した人に通常の歩行とは異なる感覚を生み出す。具体的には雪の風景の映像投影に、雪を踏み歩く音、雪を踏んだときに感じる衝撃を再現したハンドデバイスにより、雪の歩行の疑似体験を作り出すというものである。

 石川氏は「現代社会は、利便性は高まったが人々は幸せにはなっていないという調査結果が出ている。都市化が進む中で狭い暮らし環境の中、日常をいかに幸せな時間にできるかがポイントだ。日常の基本動作を『Enrich』にしていくことが大事で、歩行を豊かにすることを考えた」とデモの狙いについて述べている。

photo 歩く衝撃を再現するハンドデバイス(クリックで拡大)
前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.