ニュース
» 2019年01月29日 13時00分 公開

CADニュース:1000以上のパーツで頭部の解剖学的構造を精巧に再現した3D CGモデルを無償提供

東京大学は、ヒトの頭部を精巧に再現した3D CGモデルを開発し、専用のWebページで無償提供を開始した。コンピュータグラフィックス技術を用いた3D CGモデルにより、脳神経外科医の解剖学的知識を可視化した。

[MONOist]

 東京大学は2019年1月11日、ヒトの頭部を精巧に再現した3次元コンピュータグラフィックス(3D CG)モデルを開発し、専用のWebページ(https://brain-3dcg.org)で無償提供を開始した。同大学医学部附属病院 教授の齊藤延人氏らの研究グループによる成果だ。

 最先端のコンピュータグラフィックス技術を用いた3D CGモデルにより、脳神経外科医の解剖学的知識を可視化。人体の解剖所見や教科書を参考に、複数の脳神経外科医が3DCGを編集して作成した。医用画像では確認できない脳実質内の神経線維、硬膜、微小血管などを精密に再現している。

 STLフォーマットの3D CGモデルは1000パーツ以上に及び、用途に応じて必要なパーツだけをダウンロードして利用できる。また、3Dプリントに対応しており、ダウンロードした各パーツのデータを3Dプリンタで造形することも可能だ。ダウンロードした3DCGモデルは、非商用かつ研究・教育用途であれば自由に使用でき、編集や加工も行える。

 同モデルは、内閣府総合科学技術・イノベーション会議が主導する革新的研究開発推進プログラムの「バイオニックヒューマノイドが拓く新産業革命」の研究の一環として開発されたもので、バイオニックヒューマノイドの基礎設計図となる。

photo ダウンロード可能な3DCGの例 出典:東京大学
photo 「東京大学脳神経外科頭部3D CGデータベース」 出典:東京大学
photo 医用画像と今回開発した3D CGとの比較 出典:東京大学

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.