ニュース
» 2019年01月29日 15時00分 公開

製造マネジメント メルマガ 編集後記:協働ロボットが下克上「問おう。あなたが私のマスターか」

モノづくりが変わると工場内ネットワークの関係性も変わります。

[朴尚洙,MONOist]

 この記事は、2019年1月29日発行の「製造マネジメント メールマガジン」に掲載されたMONOistの編集担当者による編集後記の転載です。


協働ロボットが下克上「問おう。あなたが私のマスターか」

 1月16〜18日にかけて、東京ビッグサイトで「オートモーティブワールド」や「ネプコン ジャパン」「スマート工場EXPO」「ロボデックス」「ウェアラブルEXPO」などが開催されました。MONOistでも特集サイトを中心にレポート記事を公開しています。

⇒オートモーティブワールド2019/第3回スマート工場EXPO特集サイト

 各展示会ともなかなかの人出だったようで、米中摩擦による景気不安もありますが、2019年も製造業関連の盛り上がりは続くのではないかと感じました。

 さて、今回興味深かったのが、ロボデックスにおけるデンソーウェーブの展示です。同社は35台もの協働ロボット「COBOTTA」を使って、工場などの生産現場、医薬品などの研究開発の現場、教育現場での活用などをイメージさせるデモンストレーション展示を展開しました。

 数あるデモの中で、ぱっと見では目立たないのですが、今後の工場における重要なトレンドを示唆する展示がありました。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.