DMS2019 特集
ニュース
» 2019年01月30日 13時00分 公開

3Dプリンタニュース:FDM方式の小型デスクトップ3Dプリンタ「MF-800」を発売、個人や中小企業向けに

武藤工業は、デスクトップ3Dプリンタ「MF-800」を発売した。最大造形サイズ200×200×170mmを確保しながら、外寸は362×348×480mmとデスクトップサイズに収めている。

[MONOist]

 武藤工業は2019年1月15日、デスクトップ3Dプリンタ「MF-800」を発売した。小型で高精度なFDM(熱溶融積層)方式を採用し、小型で扱いやすいエントリーモデルとして、学校などの教育機関を中心に個人や中小企業などでの幅広い利用を見込む。

 最大造形サイズは200×200×170mmとエントリーモデルとしては大きいが、外寸は362×348×480mmとデスクトップサイズに収めている。

 授業などで多くの学生が利用する場合などを想定し、PCから離れた場所での設置や造形作業に対応。造形データのアップロードはSDカードを利用し、本体正面のディスプレイと操作パネルによる操作を選択可能にした。本体の動作を細かく制御したい場合は、PCとUSBで接続して操作もできる。

 造形テーブルの平行度や凹凸を自動補正するZプローブを搭載。また、手元で造形物を取り外しやすいマグネット定着シートを採用している。

photo デスクトップ3Dプリンタ「MF-800」 出典:武藤工業
photo SDカードスロットと操作画面 出典:武藤工業

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.