ニュース
» 2019年01月31日 07時00分 公開

FAニュース:樹脂部品の2次加工品質向上に貢献する超音波発振機

日本アビオニクスは、樹脂部品の2次加工品質が向上し、生産タクトタイムを短縮する超音波発振機「SW-D」シリーズ4機種を発売した。独自のデジタルATHMOS制御により、安定した高速溶着が可能になった。

[MONOist]

 日本アビオニクスは2019年1月15日、樹脂部品の2次加工品質が向上し、生産タクトタイムを短縮する超音波発振機「SW-D」シリーズ4機種を発売した。

 同社独自の超音波発振周波数自動追尾ATHMOS方式(Automatic Tuning Hold Master Oscillator System)を採用し、高速溶着が可能だ。このATHMOS制御に、加圧時の振幅立ち上がりの早さや振幅ロスの少なさによる高速加工をデジタル化し、融合することで、安定性と高機能性が加わった。

 タイマー、エネルギー、ピークパワー、連続発振の他、外部センサー制御モードを搭載し、変位センサーや温度センサーなどを使用した発振停止制御に対応する。ユーザーは加工内容に合わせて最適な制御方式を選択可能で、豊富なモニタリング機能により、溶着の良否判定もできる。

 また、トレーサビリティーを一元的に管理できるイーサネット接続を標準装備。結果の出力に加え、外部から条件設定やプログラムを切り替えられる。

 専用の小型軽量コントローラーUA-C01で遠隔操作できるため、発振機の配置の自由度が向上する。自動機設備の設計時間を削減し、省スペース化にも貢献する。

 自動機への組み込みに向けては、外部インタフェースを増強し、堅牢性を強化。高度な外部信号による動作に対応するとともに、冷却性能や防塵構造を改善し、周囲雰囲気温度や湿度などの変化がもたらす溶着時の発振エラーを低減する。また、過電流保護回路の強化により、負荷の高い過酷な環境化での使用にも耐えられる。

photo 超音波発振機「SW-D」シリーズと操作コントローラー 出典:日本アビオニクス

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.