ニュース
» 2019年02月04日 13時00分 公開

VRニュース:VR設計レビュー支援システムの新バージョンを発売、自社の工具もVR空間で

サイバネットシステムは、VR設計レビュー支援システム「バーチャルデザインレビュー」の最新版「V3.0」を発売した。CADデータを部品ごとに移動できる機能や、自社の工具を登録してVR空間で表示し、干渉チェックできる機能などが追加された。

[MONOist]

 サイバネットシステムは2019年1月24日、VR(仮想現実)設計レビュー支援システム「バーチャルデザインレビュー」の最新版「V3.0」を発売した。

 バーチャルデザインレビューは、3D CADの形状をデータを変換せずにVR空間に直接投影できるVRシステムだ。同一のVR空間の中で遠隔地の人を含む複数人がコミュニケーションを取りながらレビューでき、対応するCADソフトウェアは約60種類以上に及ぶ。

 V3.0では、3D CADデータの部品を個別に移動できる。また、実寸大で設計した製造装置や生産設備などのCADデータをVRで表示して、組み立てや組み付けについて設計段階で確認できる。

 自社の工具を登録してVR空間で表示する機能も加わった。任意の工具をVR空間に表示し、設備や製品との干渉をチェックできるので、デザインレビュー用途や、生産技術部門の作業者のトレーニング用途に適している。

 さらにV3.0では、設定や操作性の自由度を広げるインポート機能に対応するCADファイルなどの種類が増えた。CATIA V5、SOLIDWORKS、Inventor、NX、SolidEdge、REVITなどのCADファイル、STEP、JTなどの中間ファイルが追加されている。

 その他、VRで見ている画面のキャプチャー画像をGUIで作成する機能や、同じVR空間を見ている時に、自分の視点を他の人と共有できる機能なども追加されている。

photo 「バーチャルデザインレビュー」のイメージ 出典:サイバネットシステム
photo VR空間でコントローラーを使ってタイヤを着脱可能(クリックで拡大) 出典:サイバネットシステム

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.