ニュース
» 2019年02月04日 10時00分 公開

FAニュース:セキュリティ脅威から生産ラインを守る工場セキュリティ製品

シーイーシーは、生産ラインの制御機器やシステムをセキュリティ脅威から守る「ICS Defender」を発表した。セキュリティ監視とサイバー攻撃に対するセキュリティ対策により、制御システムの遅延や停止を防ぐ。

[MONOist]

 シーイーシーは2019年1月16日、生産ラインの制御機器やシステムをセキュリティ脅威から守る「ICS Defender」を発表した。同年2月から提供を開始する。

 ICS Defenderは、同社の工場セキュリティソリューション「SecureCross Factory」にラインアップされており、セキュリティ監視とサイバー攻撃に対するセキュリティ対策により、制御システムの遅延や停止を防ぐ。

 生産ラインに負荷をかけずに不審な通信を監視するネットワークセンシングと、設備の稼働実績管理システム「Facteye(ファクティエ)」を連携させ、制御機器への不正なアクセス情報を収集する。これにより、セキュリティ脅威を早期に発見し、対策につなげる。

 工場内IoT(モノのインターネット)に有効なサイバー攻撃対策として、トレンドマイクロのネットワークセンシング技術を活用。早期に標的型攻撃などの兆候を検知する。また、Facteyeとの連携により、制御機器から得たリアルタイムデータをもとに、プログラムの改変やパラメーターの改ざんなどによる制御機器の異常を検知する。マルウェア感染などの脅威を検知した際は、ネットワークから当該機器を遮断する。

 さらに、24時間365日セキュリティを監視するサービス「CEC SOC」により、工場への通報やインシデントに対応する。

 提供時は、ICS Defender本体に、設計、構築、試験などの初期導入サービスとCEC SOCを含めた年額サービスとなる。

photo システム構成(クリックで拡大) 出典:シーイーシー

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.