ニュース
» 2019年02月05日 15時00分 公開

医療機器ニュース:ガス交換性能を維持しながら世界最少充填量の人工肺を欧米で発売

テルモは、血液充填量を低減した人工肺「Capiox NX19」をアメリカとヨーロッパで発売した。従来品を見直し、ガス交換性能を維持しながら血液充填量を約3割減らしている。

[MONOist]

 テルモは2019年1月17日、血液充填量を低減した人工肺「Capiox NX19(キャピオックス NX19)」をアメリカとヨーロッパで発売した。今後、日本を含むアジア各地域での販売を予定している。

 Capiox NX19は、ガス交換性能を維持しながら、従来品よりも血液充填量を約3割減らしている。これにより、輸血の削減や急性腎障害(AKI)リスクの低下につながるという。また、手術中の体温管理に関係する熱交換性能を約2割向上。手術時間の短縮が期待できる。

 手術などの際に肺の機能を一時的に代行する人工肺は、酸素と二酸化炭素のガス交換をするため、血液を製品内に充填する。しかし、充填量が増えると身体への負担が大きくなることから、従来品の材質や構造を大きく見直した。

photo 人工肺「Capiox NX19」 出典:テルモ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.