特集:IoTがもたらす製造業の革新〜進化する製品、サービス、工場のかたち〜
ニュース
» 2019年02月12日 08時00分 公開

エッジ戦略を強化するHPE、エンタープライズITとOTの融合で何が起こるのか製造業IoT(2/2 ページ)

[朴尚洙,MONOist]
前のページへ 1|2       

キヤノンも期待する「HPE Edgelineソリューション」

キヤノンの荒井毅一氏 キヤノンの荒井毅一氏

 ブラディシッヒ氏に続いて、会見に登壇したのがキヤノン イメージソリューション事業本部 FA事業推進部 ICB本部長室 事業アライアンス推進/IT戦略企画担当主席の荒井毅一氏だ。キヤノンと日本システムウエア、日本HPEは2019年1月、スマート工場分野での協業を開始することを発表している※)

※)関連記事:スマート工場分野でキヤノンとNSW、日本ヒューレット・パッカードが協業

 荒井氏は「これまでコンシューマー向けに展開してきたカメラ技術を、B2BやOT向けに展開すべく『CANON INDUSTRIAL IMAGING PLATFORM』を展開している。例えば、工場内に多数あるアナログメーターを当社のカメラで画像認識し、HPE Edgelineソリューションと連携させていく。PLCの信号と同期してカメラの画像を集約する。これらのソリューションの協業だけでなく、当社の生産現場でもHPE Edgelineソリューションを活用していきたいと考えている」と述べている。

キヤノンとNSW、日本HPEの協業イメージ キヤノンとNSW、日本HPEの協業イメージ(クリックで拡大) 出典:日本HPE

ITだけでなくOTのベンダーもパートナーに

 なお、今回発表したHPE Edgelineソリューションは、HPE Edgeline Converged IoT Systems、HPE Edgelineソリューションのシステム管理を行う「HPE Edgeline Integrated System Manager(iSM)」と「HPE Edgeline Infrastructure Manager(EIM)」、OTデバイスやプロトコルとの接続・制御を可能にする「HPE Edgeline OT Link」の認定モジュールとソフトウェアプラットフォーム、エンタープライズITのアプリケーションをエッジに展開するための「HPE Edgeline Workload Orchestrator」から成る。

HPE Edgelineソリューションの構成 HPE Edgelineソリューションの構成(クリックで拡大) 出典:日本HPE

 HPE Edgeline Converged IoT Systemsについては、従来モデルの「EL1000」「EL4000」の他、新ラインアップとなる「EL300」が加わった。EL300は、動作温度範囲が−30〜70℃、IP50の防じん、ファンレス、耐衝撃と耐振動の性能を備えるとともに、小型サイズと30Wという低消費電力が特徴。工場内などより現場サイドでの利用に適した仕様となっている。価格(税別)は47万7000円からで、2019年2月8日に発売する。

 HPEのOT市場への参入となるHPE Edgeline OT Linkの発売は2019年5月の予定。1GbE TSN、CAN Bus A/B/FD、RS232/422/485、1×8GPIOなど、OTとのつなぎ込みに必要なOT Linkモジュールを用意しており、OT Linkソフトウェアプラットフォームによって約200もの産業用プロトコルに対応するとしている。オープンAPIを採用しており、さまざまなエンタープライズITやIoTプラットフォームとの連携が可能で、パブリッククラウドとの接続も容易とする。

OT市場への参入となる「HPE Edgeline OT Link」は認定モジュールとソフトウェアプラットフォームで構成 OT市場への参入となる「HPE Edgeline OT Link」は認定モジュールとソフトウェアプラットフォームで構成(クリックで拡大) 出典:日本HPE

 また、HPE Edgelineソリューションのパートナーとして、HPEとの付き合いが長い大手ITベンダーだけでなく、ABBやイートン、シュナイダーエレクトリック、キーサイト・テクノロジー、ナショナルインスツルメンツ、GEデジタル、OSIソフト、シーメンスなど多数のOTのベンダーもパートナーになっている。グローバルに加えて、国内でも先述のキヤノンの他、三菱電機、Edgecrossコンソーシアムなどがパートナーに加わっている。

HPE EdgelineソリューションのグローバルパートナーHPE Edgelineソリューションの国内パートナー HPE Edgelineソリューションのパートナー。グローバル(左)、国内(右)とも、OTのベンダーが入っていることが特徴になる(クリックで拡大) 出典:日本HPE
前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.