DMS2019 特集
ニュース
» 2019年02月12日 13時00分 公開

DMS2019:現場のKYやヒヤリ・ハット対策に、フラット型凸面機能ミラー

コミーは、「第1回 工場設備・備品展」(2019年2月6〜8日、東京ビッグサイト)にて、安全対策設備「FFミラー」などを紹介した。付属の強力両面テープで壁に貼り付けるだけで設置が完了し、視野に指向性があるため現場でありがちな「こちら側だけを広く見たい」などのニーズに対応する。

[柴佑佳,MONOist]

 コミーは、「第1回 工場設備・備品展」(2019年2月6〜8日、東京ビッグサイト)にて、安全対策設備「FFミラー」などを紹介した。

狭い通路でも、広い範囲の視野が得られる「FFミラー」

店舗防犯用のミラーが航空機・工場や倉庫に転用

 FFミラーはフラット型凸面機能鏡で、見通しの悪い通路などでの衝突を防止する目的で設置される。もともとコミーは「気くばりミラー」といった製品を商店やデパートなどに提供しており、店舗内での死角を減らし防犯や顧客サービスの向上に活用されてきた。

 同社は1990年代に航空業界へ参入。現在はボーイング社製B787やエアバス社製A380など航空機への採用実績を持つ。航空機に採用された小型タイプの「FFミラー AIR」はFAA/EASA基準耐燃焼性試験をクリアしており、現在ではエアバス社の標準装備品となっている。その後、現場の安全意識の高まりをうけて引き合いが増え、現在は工場や病院、学校などにも用途を広げているという。

同社製品の採用事例(クリックで拡大)

すぐに設置できて効果もすぐ出る安全対策、視野に指向性のあるモデルも

 スタンダードなモデル「FFミラー通路 FT23A」は、A4用紙ほどのサイズで2万4000円。特殊プラスチック製で重量は約340gと軽量のため、付属の強力両面テープで壁に貼り付けるだけで設置が完了する。視野に指向性があり、現場でありがちな「こちら側だけを広く見たい」などのニーズに対応する。

凸面鏡のようにもみえるがフラット形状の平面鏡。向かって左側方向だけに視界が広がっている(クリックで拡大)

 フォークリフトやワゴンは運搬中の視界が狭く、前方の歩行者が見えにくい。狭い通路からの出会い頭の衝突事故対策には、オーバル型やドーム型、ハーフドーム型の凸面ミラー(アクリル製)も活用されているという。

工場や倉庫でのヒヤリ・ハット対策には、全方位に対して視野の広いドーム型ミラー「ラミ」シリーズ(クリックで拡大)
オーバル型の「フォーク出口ミラー」、ガードポールや壁付けで設置できる(クリックで拡大) 出展:コミー

 また、屋外、屋内を問わず、あらゆる現場に設置ができるよう、「平板(H鋼)やパイプを挟むバイス型」や「ライティングレールにそのまま差し込むスライド型」「チェーンつり下げ型」などの取り付けオプションパーツも豊富にそろえている。

企業知名度は低いが、製品に自信あり

 製造業の現場では山崎製パンや三島食品、トヨタ自動車などで導入が広がっているが、現在のところ国内での知名度はそれほど高くないという。

 同社説明員は、「以前、大企業の現場責任者が集まる安全対策カンファレンスでブース出展したことがあったが、来場した人の8割は当社を知らなかった。しかし、製品を知った人は、必ず『見たことがある!』『これは良い、買おう』という反応をしている。実際に、展示会などの後はさまざまな業界の顧客から相談を受けている」と自信を見せる。

 導入前には製品の7日間無償貸出、導入後はいたずらなどでの故意の場合を除き期間に定めなく無料破損補償を実施している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.