ニュース
» 2019年02月13日 15時00分 公開

CAEニュース:ANSYS 2019 R1の熱流体解析製品は使い勝手の向上と日本語化に対応 (1/3)

アンシス・ジャパンは2019年2月1日、同社の汎用CAEの最新版「ANSYS 2019 R1」に関する記者説明会を開催した。発表会前半では流体解析と構造解析、電磁界解析といった分野別製品、後半ではシステム解析関連製品について紹介した。本稿はそのうち、流体解析ツール「ANSYS Fluent」および「ANSYS CFX」について紹介する。

[小林由美,MONOist]

 アンシス・ジャパンは2019年2月1日、同社の汎用CAEの最新版「ANSYS 2019 R1」に関する記者説明会を開催した。発表会前半では流体解析と構造解析、電磁界解析といった分野別製品、後半ではシステム解析関連製品について紹介した。本稿はそのうち、流体解析ツール「ANSYS Fluent」および「ANSYS CFX」について紹介する。

 流体解析製品製品ではユーザビリティの向上を目指し、新バージョンで具体化した。過去には、ハイエンド製品であるが故に、ユーザーからは「高機能すぎて、GUIが分かりづらい」といった意見が上がっていたという。

流体解析製品製品について説明した、アンシス・ジャパンのアプリケーションエンジニアリングマネージャー 中嶋進氏

流体解析製品

 汎用熱流体解析ソフトであるFluentの新製品では、分かりやすいスタートアップメニューの設置と、日本語対応が大きな改善点となる。またユーザーが使い慣れたツールのGUIテーマも選択可能だ。

スタートページ(出典:アンシス・ジャパン)
日本語化(出典:アンシス・ジャパン)
テーマ設定(出典:アンシス・ジャパン)

 新たに同製品に追加された「Expression」では、時間変化や平均温度などを見たい場合に、(Excelのような)関数を用いることが可能だ。境界名を参照し、平均値や最大/最小値などを得ることが可能だ。従来はC言語などを用いて指定していた。

Expression(出典:アンシス・ジャパン)
使用可能な関数(出典:アンシス・ジャパン)
       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.