特集:IoTがもたらす製造業の革新〜進化する製品、サービス、工場のかたち〜
ニュース
» 2019年02月15日 07時00分 公開

製造業IoT:ソラコムが新機能を発表、顧客のIoTソリューションのサブスクリプション販売も (2/2)

[朴尚洙,MONOist]
前のページへ 1|2       

顧客のIoTソリューションの販売は「エコシステムへのフィードバック」

 SORACOM LTE-M Button for Enterpriseは、2018年10月発売のLPWA(低消費電力広域)ネットワークの1つであるLTE-Mを用いたボタン型デバイス「SORACOM LTE-M Button powered by AWS」の企業向けバージョンだ。100個単位での大量導入が可能で、シール貼り付けによるカスタマイズも可能。1台当たりの価格は5980円で、利用料金はLTE-Mのプラン「plan-KM1」と、同ボタンからのデータ送信に用いるBeam、Funnel、Harvestの従量課金となる。

「SORACOM LTE-M Button for Enterprise」の概要 「SORACOM LTE-M Button for Enterprise」の概要(クリックで拡大) 出典:ソラコム

 IoT SELECTION connected with SORACOMは、ソラコムと東京センチュリー、ビープラッツの3社協業による、IoTソリューションのeコマースサイトになる。サブスクリプション統合管理システムは、ビープラッツが開発した東京センチュリー独自ブランドのプラットフォーム「TCplats」がOEMで提供されている。

「IoT SELECTION connected with SORACOM」の概要 「IoT SELECTION connected with SORACOM」の概要(クリックで拡大) 出典:ソラコム

 2019年3月末までにサービスを開始する予定。現在のところ、ビニールハウスの施設環境を見える化する「あぐりログ」、74カ国語対応の翻訳機「POCKETALK」、車両の位置や走行情報を見える化する「Cariot」、トイレの使用状況を電池、配線レスでモニタリングする「SWTICHSTRIKE Air」、屋外向けカメラソリューション「@Rec-cam」、POSアプリケーション「TG Smart Collection for POS」、キャッシュレスアプリケーション「TG Smart Collection for Payment」などのIoTソリューションの提供を予定している。また今後は、ソラコムのパートナープログラム「SORACOMパートナースペース」の認定パートナー104社からIoTソリューションが順次追加される見込みだという。

 ソラコム 執行役員 プリンシパルエンジニアの片山暁雄氏は「ソラコムユーザー、パートナー、エンドユーザー、そしてソラコム自身から成るエコシステムの力は大きい。そのエコシステムにフィードバックする形になるのが、SORACOM LTE-M Button for Enterpriseであり、IoT SELECTION connected with SORACOMだ」と述べている。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.