ニュース
» 2019年02月19日 09時00分 公開

SOLIDWORKS World 2019:SOLIDWORKS 2020の新機能、図面やアセンブリ機能を強化 (2/2)

[松本貴志,MONOist]
前のページへ 1|2       

xDesignやxShapeなど3DEXPERIENCEプラットフォームとの連携

 xDesignやxShapeなど、ブラウザ上で動作する3DEXPERIENCEプラットフォームアプリケーションとの相互運用性を高めた。SOLIDWORKS 2020では3DEXPERIENCEプラットフォームとのコネクターが用意され、アプリケーション間のシームレスなデータ移行をサポートする*)

*)関連記事:新時代の3D設計環境「xApp」、設計をクラウドで完結する時代は来るのか

 SOLIDWORKS 2019以前のバージョンについて、Therrien氏は「現時点では不明だが、コネクターが用意されればシームレスな相互運用に対応できる可能性がある」と言及している。

3DEXPERIENCEプラットフォームとの連携イメージ(クリックで拡大) 出典:ダッソー・システムズ

アセンブリの状態に合わせたフレキシブル部品の自動更新

 アセンブリの機構が動いた場合、それに追従してフレキシブル部品の表示を自動的に更新する。スプリングやシャフトブーツ、Oリング、蝶番など弾性変形する部品や機構部品に対応し、パーツの変形や移動前後の状態を表示する。

フレキシブル部品の状態を自動更新 出典:ダッソー・システムズ

サブアセンブリ部品のエンベロープ参照化 & ハーネス類の質量計算

 大規模アセンブリに属する複数のサブアセンブリ部品を、特定サブアセンブリのエンベロープとして選択できるようになった。

複数のサブアセンブリ部品を、特定サブアセンブリのエンベロープとして選択できるように(クリックで拡大) 出典:ダッソー・システムズ

 アセンブリ上のハーネスやワイヤー類に属性情報を付加し、ハーネスやワイヤー類の重量を自動計算できるようになった。これまでのバージョンでは属性情報が長さのみとなっていた。同機能によって重量物となるハーネス類の重心位置も踏まえた設計の検討が可能となる。

ハーネスやワイヤー類の自動重量計算(クリックで拡大) 出典:ダッソー・システムズ

マークアップ機能の強化

 図面やモデルに対して手書きで情報を追記できるマークアップ機能が拡張された。従来バージョンでは、同機能の利用にWindowsタッチ対応デバイスを必要としていたが、SOLIDWORKS 2020からマウスなど一般的なデバイスの利用もサポートされた。また、3D CADビュアーの「eDrawings」においても部品、アセンブリ、図面でマークアップ機能が利用可能となった。

左:マウスでもマークアップ機能が利用可能になった 右:マークアップ機能に対応するeDrawings(クリックで拡大) 出典:ダッソー・システムズ
前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.