ニュース
» 2019年02月20日 09時00分 公開

製造マネジメントニュース:ドローンとAIを活用、建築物のメンテナンスサービス開発で協業

日本システムウエア、DJI JAPAN、日本マイクロソフトは、建築物の外壁調査において、民生用ドローンとAI技術を活用した「建築物メンテナンスサービス」の開発で協業する。

[MONOist]

 日本システムウエア(NSW)、DJI JAPAN、日本マイクロソフトは2019年1月30日、建築物の外壁調査に対し、民生用ドローンとAI(人工知能)技術を活用した「建築物メンテナンスサービス」の開発で協業すると発表した。

 建築物の外壁調査は、専門知識を持つ技術者の目視や打診による点検で行われている。しかし、技術者の高齢化や少子化などによる人手不足に対して、老朽化するインフラ、施設などの割合はますます高くなる見込みだ。そのため、建築物を安全に効率よく検査し、維持管理に役立てる仕組みの構築が重要な課題となっている。

 今回の協業では、NSWの深層学習を活用したAIソリューション「CrackVision(クラックビジョン)」、 DJIのドローンおよび空撮技術力、日本マイクロソフトのクラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」という3社の強みを生かしたサービスの開発により、建築物の外壁調査業務効率化の推進を目指す。

photo データ連携イメージ(クリックで拡大) 出典:日本マイクロソフト

 既に3社は、同サービスの実証実験を実施し、これに成功している。実験では、ドローンで撮影した建築物の全体画像を3Dモデル化し、AIで自動抽出したひび割れ個所を3Dモデルに重ねた損傷図を作成するシステムを構築し、検証した。

photo 実証実験の結果(クリックで拡大) 出典:日本マイクロソフト

 その結果、ドローンの撮影画像から一般的なひび割れの許容範囲とされている0.2mm幅相当のひび割れ個所を検出。ひび割れ検出技術と、ドローンの撮影および操縦の技術が実用に耐え得ることを示した。

 今後は、より巨大な建築物にも適用できるように改善を進める。併せて、同サービスの正式リリースに向け、専門家を交えた検証を進めるとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.