ニュース
» 2019年02月21日 12時00分 公開

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:会社見学は社会人がやるからこそ気付くことが多い

学生には分からんと思うぜ。

[齊藤由希,MONOist]

 この記事は、2019年2月21日発行の「モノづくり総合版 メールマガジン」に掲載されたMONOistの編集担当者による編集後記の転載です。


会社見学は社会人がやるからこそ気付くことが多い

 読者の皆さんのオフィスはどんな雰囲気ですか。黙々とPCに向かう感じでしょうか。それとも、ワイワイガヤガヤにぎやかな空気でしょうか。

 転勤したり転職したりすると、オフィスの雰囲気の違いをとても強く感じます。アイティメディアに転職してきた当初は、前職と比べて電話があんまりかかってこなくて静かな会社だと感じました。口頭でしゃべる代わりにSkypeがにぎやかで、結構なカルチャーショックだった記憶があります。

 転職しても共通だなと思ったのは、編集者や記者は自由放任なところがあるということです。任された分の記事を入れてさえいれば最低限の仕事はしたことになるので、どこにいても、どこに行っても、ある程度は許されます(筆者の上司の見解は違うかもしれませんが……)。

 今のところ、筆者は前職とアイティメディアしか雰囲気を知りません。全く違う業種、職種の方々がオフィスで日々どう過ごされているかは未知の領域なのです。そういう訳なので、先日取材で訪れたジェイテクトの研究開発の新拠点は新鮮なことだらけでした(※)

(※)関連記事:打ち合わせや会議に飛び入り参加推奨、コミュニケーションを活発にするには

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.