ニュース
» 2019年02月22日 08時00分 公開

組み込み開発ニュース:国際無線通信規格Wi-SUN FAN搭載無線機が認証取得

ロームは、京都大学、日新システムズと共同で開発した無線機器が、Wi-SUNアライアンスが制定している新国際無線通信規格「Wi-SUN FAN」の認証を取得したと発表した。

[MONOist]

 ロームは2019年2月4日、京都大学、日新システムズと共同で開発した無線機器が、Wi-SUNアライアンスが制定しているIoT(モノのインターネット)向け新国際無線通信規格「Wi-SUN FAN(Field Area Network)」の認証を取得したと発表した。

 Wi-SUN FANは、1km程度の伝送が可能なIEEE 802.15.4g規格の低消費電力無線伝送技術と、IPv6による多段中継技術を利用した新しいIoT向け無線通信技術だ。電気、ガス、水道のメータリングのほか、インフラ、高度道路交通システムなど、スマートシティー、スマートグリッドを無線で相互運用できる技術として期待されている。

photo Wi-SUN FANシステムの概要(クリックで拡大) 出典:ローム

 今回3者は、RPLを用いたマルチホップ通信方式、周波数ホッピング、認証セキュリティ対応、マルチベンダー相互接続性などWi-SUN FANの技術仕様書と認証プログラムに対応した無線機を開発。同年1月30日、Wi-SUNアライアンスが行った認証試験に合格した。

photo 今回認証された機器(クリックで拡大) 出典:ローム

 今後は、Wi-SUNアライアンスが主催する相互接続性仕様検証イベントに参加し、高品質で長距離かつ安全なネットワーク技術の普及に向けてさらに開発を進める予定だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.