ニュース
» 2019年02月25日 09時00分 公開

製造マネジメントニュース:テレマティクス保険に向け、自動緊急通報の実証実験を実施

SBI損害保険らは、自動緊急通報サービス対応のIoTデバイスを活用し、運転行動データに基づくテレマティクスサービスの提供に向けた実証実験を開始した。データ収集・分析には、ソフトバンク・テクノロジーのIoTプラットフォームを利用する。

[MONOist]

 ソフトバンク・テクノロジーは2019年1月28日、SBI損害保険、SB C&Sが、自動緊急通報サービス(自動eCall)対応のIoT(モノのインターネット)デバイスを活用し、運転行動データに基づくテレマティクスサービスの提供に向けた実証実験を開始したと発表した。

 自動eCallは、車両衝突事故の発生時に、緊急通報用電話番号への自動通報を行うサービス。欧州連合(EU)域内では、2018年3月から全ての新車への装備が義務付けられている。

 実証実験は、SBIグループの関係者を対象とし、同年2月より実施する。自動eCall対応デバイスには、ボッシュの「テレマティクスeCall プラグ」を活用。同デバイスは、3軸加速度センサーによって、ブレーキや加減速、ハンドル操作などの運転データや衝突事故を検知する。同デバイスからの送信データの収集、蓄積、分析には、ソフトバンク・テクノロジーのIoTプラットフォーム「IoT Core Connect」を利用する。

 SBI損害保険は、この実験結果に基づき、テレマティクス保険などのサービス開発に取り組む。また、SB C&Sは、データを活用したテレマティクスサービス開発と国内企業への納入などを進める。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.