ニュース
» 2019年02月28日 15時00分 公開

組み込み開発ニュース:服を着たままでヌード寸法、身体自動計測の技術をさまざまな分野へ

OriginalはBtoB向け高精度身体採寸技術である「Bodygram」を提供している。Originalはオーダーメイドシャツのサービス「Original Stitch」を展開する米国の企業。BodygramはOriginal Stitchに用いられている身体自動計測の技術をBtoB向け技術として提供するものだ。

[小林由美,MONOist]

 OriginalはBtoB向け高精度身体採寸技術である「Bodygram」を提供している。Originalはオーダーメイドシャツのサービス「Original Stitch」を展開する米国の企業。BodygramはOriginal Stitchに用いられている身体自動計測の技術をBtoB向け技術として提供するものだ。

 Originalは過去にはAIを活用したスタイリング(服選び)アプリ「Stylebot」、衣服の寸法をスマートフォン(スマホ)画像を用いて採寸するアプリ「MeasureBot」を提供している。

 Bodygramはスマホで撮影した人の全身写真をアップロードし、身長、体重、性別、年齢を入力することで、自動的に身体の16箇所の部位の寸法を計測する。計測時の衣服の制限(色味や素材、形状など)は特になく、衣服の上からヌード寸法を自動採寸可能だ。Original Stitchを利用する際にも、ユーザーはBodygramを利用することで、自分の身体にぴったりあったシャツを探すことが可能だ。日本からも利用できる。現時点では男性向けのみで、女性向けについては検討中ということだ。

Bodygramによる採寸(出典:Original Japan)

 BodygramはAIの深層学習を用いて独自に集積した男女の身体測定データを分析することで自動採寸している。同社が実施した採寸テストによれば、プロのテーラーによる測定寸法と自動採寸寸法を比較したところ、ほとんどの身体部位において誤差が1cm以内、測定精度は99%であったという。このテストでは、さまざまな人種や体形の800人を対象に実施している。

 「BodyBank」はBodygramの採寸技術および取得データをWebサービスやアプリに導入可能にするSDKである。マスカスタマイズ製品提供やEコマースなどをターゲットにする。身体データの基づいた個人向けカスタム製品の提供や、プライバシーを確保したいシーンでの測定などでの活用が見込まれる。同社はアパレル業界だけではなく、医療や雑貨など、分野にしばられないさまざまな企業を対象としているという。Bodygramは既に、寝具メーカーのエアウィーヴの寝具生産で活用されている。エアウィーヴは個人の体形に最適化した硬さの寝具を提供する。

BodyBankの展開イメージ(出典:Original Japan)

 Original Stitchは通常のアパレルブランドとは生い立ちが大きく異なっており、IT技術者であるCEOのジン・コー氏の発想と技術により誕生している。もともとは米国のシリコンバレーにいる多忙な技術者を対象にしていた(要は、買い物に行くのが面倒くさいと思う人)。日本法人であるOriginal Japanは2018年8月に設立し、日本におけるビジネス強化に取り組む。なお同社のOriginal Stitchでは株式会社ポケモンとコラボレーションしたポケモン柄の生地を使用した「ポケモンシャツ」を2019年2月27日より販売開始している。

Original Stitchのオーダーメイドシャツサービス。
Original Japan COO 藤本学氏

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.