ニュース
» 2019年03月06日 09時00分 公開

人工知能ニュース:製造・物流の課題にAIで挑むABEJA、量子アニーリングにも着手

AI(人工知能)ベンチャーのABEJAは2019年3月5日、日立物流と共同で危険運転自動検知システムのAIを開発したことや、量子アニーリングマシン向けのソフトウェアの開発に取り組むことなどを発表した。

[松本貴志,MONOist]

 AI(人工知能)ベンチャーのABEJAは2019年3月5日、日立物流と共同で危険運転自動検知システムのAIを開発したことや、量子アニーリングマシン向けのソフトウェアの開発に取り組むことなどを発表した。

 ABEJAは高度な知識が必要であるディープラーニングの活用を平易にし、あらゆる業界や多くのユーザーに対してAIの恩恵を提供することを目指すスタートアップ。MLaaS(Machine Learning as a Service:クラウドベースの機械学習ソリューション)である「ABEJA Platform」はダイキン工業やLIXIL、武蔵精密工業といった製造業企業で、検品自動化などのAIソリューション構築実績を積み重ねている。

 今回発表した日立物流との協業では、IoT(モノのインターネット)を活用して得られたドライバーの生体情報や運転映像などのデータを学習し、運転の危険度評価を自動で行うAIモデルをABEJA Platform上で共同開発した。日立物流では運行前の生体情報や運行中の車載機器からのデータをクラウドに集約する「スマート安全運行管理システム(SSCV)」を提供している。共同開発したAIモデルはSSCV上の機能として、2019年4月から提供開始を予定している。

ABEJA Platformを用いた日立物流との協業(クリックで拡大) 出典:ABEJA

 また、ディープラーニングの次を担う破壊的な技術を探求する研究開発プロジェクト「ABEJA X」を開始する。同プロジェクトの第1段として量子アニーリングマシン※)のソフトウェア研究に着手し、2019年4月に設立される予定の「量子アニーリング研究開発コンソーシアム」へ参画する方針だ。

※)関連記事:量子コンピュータって実際のところ何? NECもアニーリングに注力

ABEJAの岡田陽介氏

 同社プライベートイベント「ABEJA SIX2019」(2019年3月4〜5日、グランドプリンスホテル新高輪)の記者会見で、同社社長の岡田陽介氏は「われわれはさまざまな業種に応用できるホリゾンタルなABEJA Platformに強みを持つ。ABEJA Platformは顧客が求めるカスタマイズに柔軟に対応するAIプラットフォームで、“AIの工作機械”と表現していい。AIを用いたイノベーションを実現するときに、共通部分における工数の減少と差別化部分における開発の容易さを提供する」と語った。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.