製造業×品質、転換期を迎えるモノづくりの在り方 特集
コラム
» 2019年03月07日 12時00分 公開

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:不正を犯す現場では何が起きているのか

不適切検査が相次ぐ日本製造業。現場は厳しいプレッシャーにさらされています。

[松本貴志,MONOist]

 この記事は、2019年2月28日発行の「モノづくり総合版 メールマガジン」に掲載されたMONOistの編集担当者による編集後記の転載です。


不正を犯す現場では何が起きているのか

 不適切検査など品質保証に対する懸念が相次ぐ日本製造業。2019年3月5日にもIHIと三菱電機グループで新たに不適切行為が発覚しました。

関連記事:IHI、民間航空機エンジン整備事業で無資格者が検査

関連記事:三菱電機グループ、品質保証の不適切行為が新たに判明

 これら不適切検査やその他の企業不祥事では、その発生原因としてほぼ必ず「コンプライアンス意識の欠如」「コーポレートガバナンスの不全」といった要素が挙げられます。一方で、不適切検査に関する取材や調査報告書の精読を進めていくうちに、どうもこれらの言葉でまとめるには非常に難しい、危機的な現場の状況が浮かび上がってきました。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.