ニュース
» 2019年03月08日 13時00分 公開

メカ設計ニュース:ダイキンとNYKシステムズが協業、両社CADの連携強化で

ダイキン工業は、NYKシステムズとの協業について発表した。空調設備の設計や運用管理を効率化するシステムの共同開発、および両社のCADソフトの互換性強化などにおいて協業する。

[MONOist]

 ダイキン工業は2019年2月26日、NYKシステムズとの協業について発表した。空調設備の設計や運用管理を効率化するシステムの共同開発、および両社のCADソフトの互換性強化などにおいて協業する。

 建築業界では、コンピュータ上に作成した建築物の3次元モデルに、建築ライフサイクル全体の情報を蓄積して一元管理し、業務の効率化、高度化に活用できるBIM(Building Information Modeling)の普及が進んでいる。

 NYKシステムズは、BIMに対応するシステム開発で高い技術力を持ち、建築設備CADソフト「Rebro」を販売している。ダイキンは、空調機器の販売や保守サービスをはじめ、同社が持つ空調設備設計のノウハウを生かして、建築設備CADソフト「FILDER」やクラウド型の空調設計支援システム「DK-BIM」を提供してきた。

 協業により、両社は、顧客の設備設計や管理を統合的に支援するためのシステムを共同開発する。まず、NYKシステムズのRebroとダイキンのDK-BIMの連携を強め、BIMモデルを活用した熱負荷計算や空調機器の自動選定および配置、冷媒配管選定などの機能を強化する。

 また、RebroとFILDERのデータ互換性を強化し、双方のユーザーの利便性向上を図る。さらに、今後のBIM拡大を視野に入れ、ソフトの新機能を共同開発する。ダイキンでは、同年2月から自社販売網を通じてRebroを販売している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.