特集
» 2019年03月12日 10時00分 公開

JAID 1kg展 レポート:変わりゆくクルマのインテリア、JAID「1kg展」の3Dプリント作品が示すその先 (2/3)

[林田浩一/林田浩一事務所,MONOist]

4D Flower

「4D Flower」の説明パネル 「4D Flower」の説明パネル(クリックで拡大)

 3Dならぬ4Dという表記が目をひく。この作品では、3Dプリンタで出力された花が蕾から開花して散るまでという、時間の経過に伴う形状変化を盛り込み表現している。立体の3Dに時間軸が1つ加わることで“4D”になっているのだ。

 仕組みとしては、熱によって形状が変化する特性の樹脂を、時間の経過と加熱具合を調整することで表現している。展示会場では、蕾状態、開花状態、花弁が落ちた状態で、3本の花で展示されていた。せっかくなのでリアルで変化状態が見られるとよかったが、これは万が一の火災などの事故を考慮した中で選択された展示方法だったようだ。

「4D Flower」の展示 「4D Flower」の展示。温度で形が変化する形状記憶樹脂の特性を、時間の経過とリンクさせた視点が面白い(クリックで拡大)

みんな1kg

「みんな1kg」の展示 「みんな1kg」の展示。足元のタブレット端末を人体模型にかざすと、1kgの巨大なトンボが現れ、人体模型のポーズを含め作品として完成するという遊びも仕組まれている(クリックで拡大)

 こちらは「もしも生き物の重さが全て1kgだったら」という発想でサイズを比較して見せる作品だ。人体模型は作者の身体を3Dスキャンしたものとのことで、これを1kgとするにはスケルトンにする必要がある。一方で人体模型の足元にあるうさぎは、1kgの重量で3Dプリントによって表現されても、リアルなうさぎとほぼ乖離がない。展示にはもう1つ遊びが仕掛けられ、備え付けられているタブレット端末を人体模型に向けると、重量が1kgの巨大なトンボが映し出される。

 日頃意識していないものを1kgという基準でそろえて眺めてみるのも、なかなかに新鮮だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.