ニュース
» 2019年03月12日 07時00分 公開

FAニュース:ファイバーレーザー複合加工機とソーティング機能付き自動搬送装置

村田機械は、ファイバーレーザー複合加工機「LS2512HL」と、ソーティング機能を備えた自動搬送装置「FG2512TL」を発表した。両機を組み合わせることで、高精度かつ高速な複合加工と、長時間安定した自動運転が可能になる。

[MONOist]

 村田機械は2019年2月27日、ファイバーレーザー複合加工機「LS2512HL」と、ソーティング機能を備えた自動搬送装置「FG2512TL」を発表した。同年3月から販売する。

 LS2512HLは、レーザーヘッドが移動するフライングオプティクス型のファイバーレーザー加工機をベースとしており、成形およびタップ加工機能が付加されている。レーザー部の早送り速度は170m/分(XY同時2軸)で、位置決め精度は±0.01mm、定格出力は2.5kW、4.0kW、6.0kWとなっている。

 成形部は、加工トン数5トンで、皿モミ、ハーフシャー(ダボ)、バーリング加工などが可能だ。成形金型のステーション数は8で、オプションの自動工具交換装置を付加すれば、金型を最大45本まで装備できる。タップ装置のステーション数は4と8(8はオプション)、タップサイズはM2〜M10、オプションでM12にも対応可能となる。また、成形部、タップ装置ともに板厚6.35mmまでの加工が可能で、オプションで12mmに対応する。

 FG2512TLは、加工済みワークのピッキングからソーティングまでを自動化する装置。ファイバーレーザー加工機や、LS2512HLを含む複合加工機に対応する。対応可能な素材サイズ(X×Y)は914×914mm〜1250×2500mmで、0.5mm〜6.35mmの板厚を1枚取りで自動搬送する。

 これまで、ワークピッキングは切断幅の狭さから難しいとされていたが、加工後のシートから先にスケルトンを除去し、残ったワークを吸着搬送することで安定した動作が可能になった。素材や製品を保管するストッカー棚を8つ備えており、長時間の自動運転にも対応できる。ストッカー棚は、オプションで10まで増やすことができる。

 LS2512HLとFG2512TLを組み合わせることで、高精度かつ高速な複合加工と、長時間安定した自動運転が可能になる。両機はいずれも4×8材対応で、従来の5×10材対応機に両機が加わることにより、複合加工機と自動化システムのサイズバリエーションが拡充する。

photo ファイバーレーザー複合加工機「LS2512HL」と自動搬送装置「FG2512TL」(クリックで拡大) 出典:村田機械

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.