ニュース
» 2019年03月20日 09時00分 公開

製造ITニュース:ブロックチェーンでID情報管理、通信事業者のワーキンググループが発足

ソフトバンクとTBCASoftは、通信事業者のグローバルブロックチェーンコンソーシアム「Carrier Blockchain Study Group」において、ブロックチェーンによるID情報管理、認証を推進するワーキンググループを発足させた。

[MONOist]

 ソフトバンクとTBCASoftは2019年2月26日、通信事業者のグローバルブロックチェーンコンソーシアム「Carrier Blockchain Study Group(CBSG)」において、ブロックチェーンによるID情報管理、認証を推進するワーキンググループを発足させたと発表した。

 ID情報管理システムの多くは特定企業が管理する中央集権的なデータベースに依存している。これらのサービスを利用する場合、ID認証のために同サービスと連携するサービスプロバイダーに個人情報を開示する必要があった。

 TBCASoftはアプリケーションフレームワーク基盤「Cross-Carrier Identification System(CCIS)」を新たに構築。これはブロックチェーンを活用し、通信事業者基準の高い信頼性を担保した中で各事業者が独立して運用できる仕組みとなる。

 CCISのゼロ知識証明と分散台帳技術を用いることで、個人の詳細情報を提供することなくIDの発行や保管、認証が可能になる。また、ユーザーは多くのアカウントIDやパスワードを発行したり、記憶したりする必要がなくなる。IDの盗難などによる個人情報の流出も抑制できる。

 今後両社は、CBSGにおいて各国のコンソーシアムメンバーと連携し、CCISの有用性を検証するとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.