特集:IoTがもたらす製造業の革新〜進化する製品、サービス、工場のかたち〜
ニュース
» 2019年03月20日 07時30分 公開

FAニュース:定着進むエッジクロス、会員は250社を突破し1460ライセンスを販売

エッジコンピューティングにおける共通基盤の構築を目指す「Edgecrossコンソーシアム(エッジクロスコンソーシアム)」は2019年3月13日、会員企業を対象としたEdgecrossコンソーシアム会員フォーラムを開催。その中で会員企業の状況やライセンス販売の状況などを報告した。

[三島一孝,MONOist]

 エッジコンピューティングにおける共通基盤の構築を目指す「Edgecrossコンソーシアム(エッジクロスコンソーシアム)」は2019年3月13日、会員企業を対象としたEdgecrossコンソーシアム会員フォーラムを開催。その中で会員企業の状況やライセンス販売の状況などを報告した。

photo JIMTOF2018で披露されたエッジクロスのデモの様子(クリックで拡大)

 「エッジクロスコンソーシアム」は2017年11月にアドバンテック、オムロン、NEC、日本IBM、日本オラクル、三菱電機の6社が幹事会社となって設立。その後日立製作所も幹事会社として加わり、この7社を中心に運営を進めている。2018年5月にはこのエッジコンピューティングの共通基盤となる「エッジクロス」基本ソフトウェアとデータ連携を実現するデータコレクタ、アプリの販売を開始した※)

※)関連記事:エッジクロスがエッジコンピューティング用基本ソフトを発売、値段は10万円から

 実質的に活動を本格化させたのは2018年度(2019年3月期)となるが、展示会での出展やセミナー活動などの普及活動を積極的に行い、会員企業は当初目標の200社を上回る250社の加入になっているという。

14種のエッジアプリと11種のデータコレクタ

 エッジクロスコンソーシアムが目指しているのは、「エッジコンピューティング」の共通基盤ソフトウェアの開発と普及である。

 IoT(モノのインターネット)によるCPS(サイバーフィジカルシステム)の価値を実現するためには、エッジ領域でセンサーなどで取得するデータを蓄積して分析し、その知見を現場のプロセスに反映するデータ活用サイクルを構築しなければならないからである。ただ、エッジ領域ではさまざまな異種環境が存在し、一元的にデータを収集し活用できるようにするのは簡単なことではない。

 そこでこれらの異なるさまざまな環境からデータを吸い上げて活用できる仕組みとして、データ連携の土台となるソフトウェアとしてエッジクロス基本ソフトウェアを開発。エッジ領域のデータをこの基本ソフトウェアにつなぐ役割として「データコレクタ」が各社からリリースされている。また、基本ソフトウェアで収集したデータを活用するアプリケーションとして「エッジアプリ」などの展開が始まっている。これらのソフトウェアは「マーケットプレース」を通じて販売できる。

 2018年度の活動では「エッジアプリ」が14種、「データコレクタ」が11種リリースされている。また、推奨産業用PCとしては30種が認定を受けている。これらの取り組みからエッジクロス基本ソフトウェアの2018年度の販売は1460ライセンス以上となったとしている。またユースケースの公開についても11件行い、着実に認知を広げることに成功した。

photophotophoto 2018年度にリリースされるエッジアプリケーション(左)とデータコレクタ(中央)、推奨産業用PC(右)(クリックで拡大)出典:エッジクロスコンソーシアム

 今後の取り組みとしてはあらためて目指すべき姿として「エッジクロスを2022年度に世界で最も認められたエッジコンピューティング領域のソフトウェアプラットフォームにすることを目指す」とし、2019年度は、ユースケース10件以上、会員加入170社以上、対応製品数30製品以上を目指すとする。

 また、ビジネス創出につながるマーケットプレースの機能強化を推進する他、新たに導入を支援するシステムインテグレーターの認定制度の構築などに取り組む。海外展開についても東アジアを皮切りに検討を本格化する。エッジクロスそのものについても、ITゲートウェイ通信機能やデータモデル、セキュリティなどを新たに組み込むことなどを計画する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.