「つながるクルマ」が変えるモビリティの未来像
ニュース
» 2019年03月25日 06時00分 公開

モビリティサービス:ルノー日産三菱もマイクロソフト「Azure」を採用、コネクテッドサービスの基盤で

ルノーと日産自動車、三菱自動車は2019年3月20日、コネクテッドカーのデータを保持、管理、分析するプラットフォーム「アライアンスインテリジェントクラウド」を立ち上げたと発表した。3社が車両を販売する200の市場ほぼ全てで、同一のプラットフォームを使用する。3社のアライアンスとマイクロソフトが共同開発した「Microsoft Azure」ベースのプラットフォームで、Azureに含まれるクラウド基盤やAI(人工知能)、IoT(モノのインターネット)の技術を活用してコネクテッドサービスを提供する。

[齊藤由希,MONOist]

 ルノーと日産自動車、三菱自動車は2019年3月20日、コネクテッドカーのデータを保持、管理、分析するプラットフォーム「アライアンスインテリジェントクラウド」を立ち上げたと発表した。3社が車両を販売する200の市場ほぼ全てで、同一のプラットフォームを使用する。3社のアライアンスとマイクロソフトが共同開発した「Microsoft Azure」ベースのプラットフォームで、Azureに含まれるクラウド基盤やAI(人工知能)、IoT(モノのインターネット)の技術を活用してコネクテッドサービスを提供する。

 アライアンスインテリジェントクラウドの活用は、ルノーのコンパクトカー「クリオ(日本国内ではルーテシア)」と、日産自動車が日欧で販売する電気自動車「リーフ」の一部モデルを対象に2019年後半から開始する。同プラットフォームを利用することにより、車両からインターネットへのアクセスがシームレスとなり、インフォテインメントサービスだけでなく、高度な遠隔診断やソフトウェアの継続的なアップデート、ファームウェアの更新が可能になる。遠隔サービスや車両のモニタリング、コネクテッドナビ、コネクテッドアシスタンス、無線ネットワークによるアップデート(OTA:Over-The-Air)など、ユーザーに応じたさまざまなサービスを提供していく。

 アライアンスインテリジェントクラウドには、これまでに使っていたコネクテッドカー用のソリューションや、モビリティサービスを支える業務ソリューションを統合する。また、スマートシティーのインフラやパートナー企業と連携する役割も担っており、ルノーと日産自動車、三菱自動車がすでに販売した車両や今後展開するコネクテッドカーと連携する単一の接点と位置付けるという。

 Azureをコネクテッドカー向けのプラットフォームとして採用することは、フォルクスワーゲンも表明している(※)。フォルクスワーゲンは2020年に電気自動車「I.D.」を発売する欧州を手始めに、電気自動車の主要市場と位置付ける米国と中国でもAzureを用いたクラウド基盤「フォルクスワーゲンオートモーティブクラウド」を展開していく。

(※)関連記事:フォルクスワーゲンのコネクテッドカーはAzureでサービス提供、まずは欧中米で

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.