ニュース
» 2019年03月26日 08時00分 公開

車載ソフトウェア:オープンソースの音声認識APIを特徴とする車載Linuxの最新版を発表

Automotive Grade Linux(AGL)は、オープンソースの音声認識APIを特徴とする車載Linuxの最新版「Unified Code Base(UCB)7.0」をリリースした。また、AGLに新たに加盟した5社について発表した。

[MONOist]

 Automotive Grade Linux(AGL)は2019年3月1日、オープンソースの音声認識APIを特徴とする車載Linuxの最新版「Unified Code Base(UCB)7.0」を発表した。

 AGLは、The Linux Foundation傘下のオープンソース協業プロジェクトで、車載向けソフトウェアを開発している。UCBは、最新の車載インフォテインメント(IVI)とコネクテッドカーの体験を消費者に提供するためのLinuxディストリビューションだ。

 最新版のUCB 7.0は、OS、ミドルウェア、アプリケーションフレームワークで構成されている。オープンソースの音声認識APIをはじめ、IVIシステムとインストゥルメントクラスタを同時表示するための統合、スマートフォンアプリとの連携を容易にするSmartDeviceLinkへの対応、OTA(Over-The-Air)のアップグレードなど、さまざまな機能を含む。

 AGLは車載アプリケーション全ての音声対応を目標としており、業界全体でプラットフォームを共有することにより、開発プロセスをシンプル化して、市場投入までの時間短縮を図る。

 UCB 7.0のリリースに加えてAGLは、BlackRidge Technology、Capgemini、Insignary、日本精機、Totalの5社が新たに加盟したことも発表している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.