特集:IoTがもたらす製造業の革新〜進化する製品、サービス、工場のかたち〜
ニュース
» 2019年03月27日 11時00分 公開

FAニュース:デジタルとリアルのタッグで次世代ラインビルダーへ、ISIDとFAプロダクツが提携 (2/2)

[三島一孝,MONOist]
前のページへ 1|2       

具体的なソリューションのイメージ

 具体的なソリューションとしては、まず製品の設計面でのモデルベース開発だけではなく、生産領域までも含めたモデルベース化を進めていく方針である。これを「Production Model Based System Engineering(PMBSE)」と位置付け、データモデルとシミュレーションを用いて、構想設計段階において生産領域の課題も解決できるようにする。

photo PMBSEのイメージ(クリックで拡大)出典:ISIDとFAプロダクツ

 ISID 製造ソリューション事業部 戦略技術ユニット長 川口宏氏は「製造業の製品開発はフロントローディング化を進め前段階で多くのシミュレーションを行い、手戻りを少なくすることで、効率化を実現してきた。従来は実機による検討に多くの時間を割いてきたが、3DCADによる3Dモデルデータの活用により、基本設計段階で多くの問題をつぶせるようになってきている。さらに構想設計段階でのモデルの活用により、さらなるフロントローディング化が進んでいる。これを生産領域にも行き渡らせる」と述べている。

 これらを実現するために、ISIDが持つ「生産グランドデザイン」「生産システムズエンジニアリング」「DERソリューション」などを活用する一方で、機能させるためには、生産設備やオペレーションの知見が必要となる。この領域をFAプロダクツがカバーする。

photo ISIDとFAプロダクツの役割(クリックで拡大)出典:ISIDとFAプロダクツ

 これらを共同で推進することで、ワンストップのパッケージソリューションの共同開発を行う。その他、共同セミナーの実施やデジタルツインのデモ機などを展示し、スマートファクトリーのコンセプトを啓蒙(けいもう)していく方針を示している。

photo 共同開発するパッケージソリューションのイメージ(クリックで拡大)出典:ISIDとFAプロダクツ
前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.