ニュース
» 2019年04月02日 15時00分 公開

医療機器ニュース:内視鏡検査でのAI診断を効率化するオープンプラットフォームを開発

オリンパスは、同社の消化器内視鏡システムに接続するだけで、複数のコンピュータ支援診断アプリケーションを切り替えて使用できる「CADオープンプラットフォーム」を開発したと発表した。内視鏡検査でのAI診断の効率化に貢献する。

[MONOist]

 オリンパスは2019年3月13日、同社の消化器内視鏡システムに接続するだけで、複数のCAD(Computer Aided Diagnosis:コンピュータ支援診断)アプリケーションを切り替えて使用できる「CADオープンプラットフォーム」を開発したと発表した。

 CADには、AI(人工知能)で病変を検出する「コンピュータ検出支援(CADe)」と、検出した病変から疑われる病名を診断する「コンピュータ支援診断(CADx)」の2つがある。

 これらのCADアプリケーションを効率的にワンストップで利用するため開発されたのが、CADオープンプラットフォームだ。同プラットフォームは、複数のPCや接続機器を必要とせず、オリンパスの消化器内視鏡システムに接続すれば、複数のCADアプリケーションを切り替えて使用できる。観察中にコンピュータ検出や診断支援の結果をリアルタイムで画面上に表示し、オリンパスの消化器内視鏡システムトロリーに載せて各種装置と連携させることもできる。

 今後は、製品化に向けて法規制に対応しつつ、CADオープンプラットフォームをさらに活用できるよう、複数のパートナーとの協業を進めていく。

photo CADオープンプラットフォーム概要(クリックで拡大) 出典:オリンパス

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.