特集:IoTがもたらす製造業の革新〜進化する製品、サービス、工場のかたち〜
ニュース
» 2019年04月03日 06時30分 公開

イノベーションのレシピ:パナソニックがコンビニ運営に踏み出し、ファミマは無人店舗をためらわず (1/3)

ファミリーマートとパナソニックは2019年4月2日、パナソニックの佐江戸事業場(横浜市都筑区)の一角に建設していた、IoT(モノのインターネット)を活用する次世代型コンビニエンスストアの実現に向けた実証実験店舗となる「ファミリーマート 佐江戸店(以下、佐江戸店)」を報道陣に公開した。

[朴尚洙,MONOist]

 ファミリーマートとパナソニックは2019年4月2日、パナソニックの佐江戸事業場(横浜市都筑区)の一角に建設していた、IoT(モノのインターネット)を活用する次世代型コンビニエンスストアの実現に向けた実証実験店舗となる「ファミリーマート 佐江戸店(以下、佐江戸店)」を報道陣に公開した。

「ファミリーマート 佐江戸店」新規オープンのテープカット 「ファミリーマート 佐江戸店」新規オープンのテープカット。左から3番目がファミリーマート 社長の澤田貴司氏、右から3番目がパナソニック CNS社 社長の樋口泰行氏(クリックで拡大)

 佐江戸店では、パナソニック コネクティッドソリューションズ(CNS)社やパナソニック システムソリューションズ ジャパン(PSSJ)が開発したソリューションを導入しており、IoTを活用した各種デジタルデータによる高効率かつ高収益の運営と、地域に愛されるリアル店舗のデザイン構築など、次世代型コンビニエンスストア像の具現化に向けた共同実証実験を行う。また次世代型コンビニエンスストアの在り方について、ファミリーマートとパナソニックで共同検討を進め、さまざまな実験的な取り組みや検証などを行う予定である。

「ファミリーマート 佐江戸店」の外観 「ファミリーマート 佐江戸店」の外観。店舗の奥側に見えるのが佐江戸事業場の建屋になる。なお、店舗正面向かって右側は、顔認証技術などを用いた無人店舗の実証実験スペースになっている(クリックで拡大)

7つのソリューションを導入

 現時点で導入しているソリューションは「顔認証決済/物体検知」「業務アシストシステム」「IoTデータマーケティング」「店内POP・電子棚札化」「モバイルオーダー」「対面ホンヤク」「イートイン・空間演出」の7つ。

佐江戸店に導入された7つのソリューションの概要 佐江戸店に導入された7つのソリューションの概要(クリックで拡大) 出典:パナソニック

 顔認証決済/物体検知は、パナソニックが得意とする顔認証や物体検知の技術を用いて無人販売を行うシステムで、当初はパナソニック社員限定で実験を行うことになる。

顔認証で入店ゲートが開く商品を選んだら精算台で支払い 顔認証システムで入店ゲートが開く(左)。商品を選んだら(中央)、精算台で物体検知を行って支払い金額を確定した後、再度顔認証することで決済が完了する(右)(クリックで拡大)
       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.