人とくるまのテクノロジー展2019 特集
ニュース
» 2019年04月04日 06時00分 公開

エコカー技術:トヨタは電動化技術のシステムサプライヤーになる、「HVは賞味期限切れではない」 (2/2)

[齊藤由希,MONOist]
前のページへ 1|2       

システムサプライヤーのトヨタ

 “システムサプライヤー”としてのトヨタの強みについて、寺師氏はこれまでの高効率HVの実績を挙げた。「電動車は少ないバッテリーでより多くの距離を走ることが重要になる。トヨタのHVはバッテリー容量と燃費を見た時に高い効率を達成できている。HVやPHVはどれだけモーターで走れるかがカギになるが、バッテリーの容量が大きければいいというわけではなく、エネルギー回生などバッテリーの使い方がポイントになる。これはHVだけではない電動車共通の技術だ。少ないバッテリーでたくさん走ることはEVの価格低減にも効いてくる。単体でトヨタの部品を使ったり、他社の部品を買い集めたりするよりも、システムとして適合開発を進める部分で貢献できる」と寺師氏は自信を見せる。

駆動用バッテリーの容量と燃費の関係。トヨタは他社よりも高効率なHVを開発してきたと自負する(クリックして拡大) 出典:トヨタ自動車

 駆動用バッテリーについては特許実施権の無償提供の対象としていないが、「電池も一緒に使ってもらえるのであれば、個別にお話ししていく」(寺師氏)という方針だ。トヨタ自動車はパナソニックと駆動用バッテリーに関する共同出資会社を設立しており、これを通して共同開発したバッテリーを自動車メーカーに広く提供する姿勢をとっている。

 また、今回の発表で対象となったパワーコントロールユニットは、生産や量産開発がデンソーに移管される部品だ。トヨタ自動車から他社への提供が進めば、デンソーが手掛けるパワーコントロールユニットの台数は「桁が1つ以上大きくなる。デンソーに集約してグローバルで戦えるパワーコントロールユニットを開発し、広く使っていきたい」(寺師氏)としている。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.