ニュース
» 2019年04月05日 07時30分 公開

製造マネジメントニュース:BMWグループとマイクロソフト、スマート工場の新たなプラットフォームを設立

ドイツのBMWグループと米国マイクロソフトは2019年4月2日(現地時間)、開催中のハノーバーメッセ(2019年4月1〜27日、ドイツ・ハノーバーメッセ)でスマートファクトリーのプラットフォームを共同で展開する「Open Manufacturing Platform(OMP)」を発表した。

[MONOist]

 ドイツのBMWグループと米国マイクロソフトは2019年4月2日(現地時間)、開催中のハノーバーメッセ(2019年4月1〜27日、ドイツ・ハノーバーメッセ)でスマートファクトリーのプラットフォームを共同で展開することを目指した「Open Manufacturing Platform(OMP)」を発表した。

 「OMP」は、BMWグループが既に展開する独自のIoTプラットフォームをベースに開発。BMWグループのIoT基盤では現在3000台以上の機械やロボット、自律搬送システムが接続され、この基盤をベースに工場などの運用を行っている。これらの実績をベースとして、標準的な技術により、外部企業でも利用可能としたのが「OMP」である。

 「OMP」は、マイクロソフトのクラウド基盤である「Microsoft Azure」上に構築。データモデルを標準化するように設計されており、今まで独自のシステムで管理されていたデータの分析や機械学習を可能とする。産業用ユースケースとサンプルコードを活用することで、コミュニティーメンバーやその他のパートナーは、自社データへの管理権限を保ちつつ、サービスやソリューション開発が容易に行える。

 BMWグループでは「OMPコミュニティー」に向け、既にユースケースを提供する予定だとする。1つの例として、BMWグループがドイツのレーゲンスブルク工場などで活用する、自律輸送システムのIoT基盤を提供予定だという。このユースケースでは、BMWグループの物流プロセスが、輸送システムの集中的な調整により簡素化され、効率を大幅に改善できたという。

 今後は、このユースケースはもちろん、デジタルフィードバックループやデジタルサプライチェーンマネジメント、予測メンテナンスなど、さまざまなユースケースが用意される予定だという。

 現在、より広範囲の「OMPコミュニティー」の形成を進めており、パートナー募集が行われている。まず初期パートナーとして4〜6社で運営を開始し、2019年末までにユースケースが最低15件展開されることを見込む。BMWグループとマイクロソフトでは、自動車産業以外の企業も含め、さまざまな製造業者やサプライヤーにコミュニティーへの参加を呼び掛けていくとしている。

≫ハノーバーメッセ2019特集はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.