ニュース
» 2019年04月10日 13時00分 公開

メカ設計ニュース:製造業向けの加工部品調達オンラインサービスを拡充

ミスミグループ本社は、3Dデータで精密部品を調達できるオンラインサービス「meviy」において、新たに切削プレートの提供を開始した。見積もりから調達に要する時間を従来比80%削減できる。

[MONOist]

 ミスミグループ本社は2019年3月26日、3Dデータで精密部品を調達できるオンラインサービス「meviy(メヴィー)」において、新たに切削プレートの提供を開始した。

 meviyは、機械部品の3DデータをユーザーがWebブラウザ上にアップロードするだけで、部品の製造可否をシステムが自動で判断し、見積もりと納期を即時回答するサービス。今回のサービス拡充により、設備や装置の設計で使用する図面加工品の大部分をmeviyで見積もり発注できるようになる。

photo 「meviy」切削プレートサービスの画面イメージ 出典:ミスミグループ本社

 新しい切削プレートサービスでは、公差指定や穴加工の指定がWebブラウザ上で可能になる。はめあい公差や穴ピッチ公差など指定箇所に対してミクロン単位で公差指定ができる。穴加工ではタップ穴や精度穴、ヘリサートなどが選択できるため、多様な形状や寸法精度にも対応する。

 見積もりは数秒で完了し、数量や材質により価格や納期が変更になった場合も、見積もりを何度でも確認できる。見積もり完了時にはユニークなID番号が付与され、その番号を次回発注時にも利用できるため、手配のリピートや海外拠点からの発注が容易になる。

 また、部品が製造困難である場合は、これまでユーザーとサプライヤーの間で何度も確認や修正作業のやりとりが必要だったが、同サービスでは、形状データをアップロードすれば独自のアルゴリズムによって自動的に製造可否を判定する。

 対応可能な材質は、炭素鋼、圧延鋼、アルミ、ステンレスなど金属8種類で、今後、樹脂材料も追加される予定だ。表面処理は5種類に対応し、順次拡大する。

 受注した部品の3Dデータは、工場の工作機械に直接転送して加工するため、製造リードタイムを大幅に短縮する。従来のプロセスと比較して、見積もりから調達に要する時間が80%削減できる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.