「つながるクルマ」が変えるモビリティの未来像
ニュース
» 2019年04月10日 06時00分 公開

車載ソフトウェア:フォルクスワーゲンが車載Linuxの開発に注力、AGLのシルバーメンバーに

Linuxベースの車載情報機器関連のオープンソースプロジェクトAutomotive Grade Linux(AGL)は、大手自動車メーカーであるフォルクスワーゲン(Volkswagen)が加盟したと発表した。

[朴尚洙,MONOist]

 Linuxベースの車載情報機器関連のオープンソースプロジェクトAutomotive Grade Linux(AGL)は2019年4月8日(現地時間)、大手自動車メーカーであるフォルクスワーゲン(Volkswagen)が加盟したと発表した。併せて、AGLをホストするThe Linux Foundation(LF)にも加盟したという。

 AGLは、LFのオープンソースプロジェクトであり、車載情報機器やテレマティクス機器、インストルメントクラスタなどの車載ソフトウェアプラットフォームをLinuxベースで開発している。トヨタ自動車、マツダ、スズキ、デンソー、パナソニック、ルネサス エレクトロニクスがプラチナメンバーを務める他、ホンダとアマゾン(Amazon.com)がゴールドメンバーであり、シルバーメンバーとブロンズメンバーを併せて130社以上が加盟している。

 フォルクスワーゲンは、AGLとLF、ともにシルバーメンバーで加盟する。AGLのシルバーメンバーにはダイムラー(Daimler)などが加盟している。また、他のAGLに加盟する自動車メーカーとしては、ブロンズメンバーの現代自動車(Hyundai Motor)、三菱自動車、スバルなどがある。

AGLのメンバーページ AGLのメンバーページ。赤丸で示した箇所に、シルバーメンバーとしてフォルクスワーゲンが加わっている

 フォルクスワーゲンのLFにおけるオープンソース活動事例としては、2008年に「Linux Kernel 2.6.25」におけるCANバスのネットワーキングサブシステムの開発にコントリビュートした実績がある。これにより、デベロッパー向けの標準ソケットAPIと、SoCおよびPCスタイルCANハードウェア向けのコモンCANネットワークドライバーモデルの下地を作ったという。

 フォルクスワーゲンのオープンソース スペシャリストであるOliver Hartkopp氏は「オープンソースアプローチは、クルマのライフサイクルに合ったソフトウェアの長期サポートを可能にするのに適した素晴らしいソフトウェアソリューションを提供する。顧客のために堅牢(けんろう)でセキュアなソリューションを確保するために、開発者やメンテナーと直接やりとりできるようコミュニティーと緊密に連携できればと考えている」と述べている。

 なお、AGLはLinuxベースの車載ソフトウェアプラットフォーム「AGL UCB(Unified Code Base)」を提供しており、2019年3月には最新版の「UCB 7.0」を発表している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.