ニュース
» 2019年04月11日 09時00分 公開

製造ITニュース:ウェアラブルデバイスによる測定で作業改善点を提示するAI

日立製作所とドイツ人工知能研究センターは、作業者が装着したウェアラブルデバイスで身体負荷を測定し、リアルタイムで適切な作業動作の改善点を提示するAIを開発した。

[MONOist]

 日立製作所は2019年3月20日、ドイツ人工知能研究センター(DFKI)と共同で、作業者が装着したウェアラブルデバイスで身体負荷を測定しリアルタイムで適切な作業動作の改善点を提示するAI(人工知能)を開発したと発表した。

 このAIは同社らが以前開発した眼鏡型デバイスとアームバンド型デバイスからのデータを定量化して、作業内容を認識するAIを発展させたもの。日立製作所の産業向け作業解析技術とDFKIの深層学習技術を組み合わせ、開発した。

 人の主要な動作識別に必要な30カ所以上の関節部位の動作をスーツ型のウェアラブルデバイスのセンサーで計測。各部位の状態認識モデルを個別に学習させたAIによって計測データを解析する。さらに、各部位の状態が組み合わさった動作の計測データをAIが認識することで、作業中に身体かかる負荷を深層学習による時系列データ処理技術によって定量化する。

photo AIによる作業動作認識と作業者へのフィードバックによる支援の流れ(クリックで拡大) 出典:日立製作所

 作業者の動作データをあらかじめ計測した模範作業動作データと各部位ごとに自動比較し、重要な差が生じている作業と身体部位をAIが特定。人体負荷が大きい部位のみを作業者に提示する。

photo 模範作業者との動作の違いをリアルタイムに計測し比較、評価するための実験用画面(クリックで拡大) 出典:日立製作所

 同社らはこれまで開発した作業認識AIなどとの連携により、作業現場の生産性向上や働きやすい作業現場を目指すとともに、将来的にはスポーツ分野やエンターテイメント分野への応用も検討していくとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.