ニュース
» 2019年04月11日 06時30分 公開

車載ソフトウェア:ジェイテクトがEPS用ソフトウェアの開発体制を拡充、100人規模の増員も

ジェイテクトは2019年4月9日、ステアリング事業のソフトウェア開発体制を強化すると発表した。自動運転など高度化する技術ニーズに応えるため、2019年夏から東刈谷事業場(愛知県刈谷市)でソフトウェア開発をスタートする。花園事業場やジェイテクトIT開発センター秋田に次ぐソフトウェア開発拠点となり、それぞれの拠点で取引先のニーズに応じたソフトウェア開発を行う。

[齊藤由希,MONOist]

 ジェイテクトは2019年4月9日、ステアリング事業のソフトウェア開発体制を強化すると発表した。自動運転など高度化する技術ニーズに応えるため、2019年夏から東刈谷事業場(愛知県刈谷市)でソフトウェア開発をスタートする。花園事業場(愛知県岡崎市)やジェイテクトIT開発センター秋田(秋田市)に次ぐソフトウェア開発拠点となり、それぞれの拠点で取引先のニーズに応じたソフトウェア開発を行う。

 自動運転やステアバイワイヤなどの新しいシステムの開発に対応するため、ジェイテクトは2019年4月に組織改正を実施し、電動パワーステアリングのソフトウェア開発組織を見直した。モデルベース開発やAUTOSARを導入した組み込みソフトウェア開発を担当する新規部署を増設。ソフトウェアのシステム要求から単体設計、評価、システム評価に至るまで一気通貫で集約して開発を行えるようにしたという。

 また、電動パワーステアリングのソフトウェア開発については、2019年度以降100人規模の増員を計画している。欧州や中国、インドなど海外の開発拠点や、デンソー、アイシン精機、アドヴィックス、ジェイテクトで立ち上げた自動運転車の統合制御ソフトウェアの新会社「J-QuAD DYNAMICS(ジェイクワッド ダイナミクス)」との連携により、自動運転社会に対応したステアリングシステムの開発を加速させる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.