ニュース
» 2019年04月12日 12時00分 公開

FAメルマガ 編集後記:ハノーバーメッセ2019で感じた3つの技術トレンドと1つの傾向

フェーズの変わり目というのは感じました。

[三島一孝,MONOist]

 この記事は、2019年4月12日発行の「FAメルマガ」に掲載されたMONOist/EE Times Japan/EDN Japanの編集担当者による編集後記の転載です。


ハノーバーメッセ2019で感じた3つの技術トレンドと1つの傾向

 ドイツのドイツ・ハノーバーで開催された産業技術の展示会「ハノーバーメッセ2019」(2019年4月1〜5日、ドイツ・ハノーバーメッセ)を取材してきました。ハノーバーメッセといえば2011年に初めて「インダストリー4.0」のコンセプトが示された展示会で、インダストリー4.0の進捗度を確認する場として年々業界での位置付けを増しています。個人的にもここ数年定点的に観測する機会に恵まれ、多くの方々のお世話になっています。あらためてこの場を借りて御礼を申し上げたいと思います。記事については現在進行系で掲載を進めておりますので、以下のWebサイトをチェックいただければと思います。

▼ハノーバーメッセ2019特集ページ

 さて、前回のコラムではプレビューとして「こういう傾向が出るのではないか」ということを予想したのですが、今回は実際に取材を進めて感じた、3つの技術的なトピックと、1つの全体的な傾向について紹介します。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.