ニュース
» 2019年04月15日 07時00分 公開

工場ニュース:滋賀県の野洲工場に新工場棟を建設、自社設備の開発体制を強化

京セラは、自社設備の開発体制を強化し、製作エリアを拡張するため、新工場棟を建設する。同社滋賀野洲工場に建設する新工場棟には、研究開発や生産設備の製作拠点を集約する。

[MONOist]

 京セラは2019年3月26日、同社滋賀野洲工場(滋賀県野洲市)に、新工場棟(29号ビル)を建設すると発表した。着工は同年4月3日、稼働開始は2020年4月を予定している。

 新工場棟は鉄骨造り4階建てで、延床面積が1万3305m2、建築面積は3849m2。自社設備の開発体制を強化し、製作エリアを拡張する目的で建設される。投資総額は約50億円だ。

 京セラでは、AI(人工知能)やロボットなどを活用して作業の効率化や品質改善を図るなど、各拠点の生産性を向上するための取り組みを進めている。新棟建設もその取り組みの1つで、大阪大東事業所の生産プロセスおよび設備の研究開発拠点と、滋賀八日市工場にある工場、事業所向けの生産設備製作拠点を滋賀野洲工場に集約する。これにより、開発製作エリアが約2倍に拡張する。

   

photo 滋賀野洲工場 新工場棟(29号ビル)完成予想図 出典:京セラ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.