ニュース
» 2019年04月16日 09時00分 公開

製造IT導入事例:横浜ゴムが調達・購買クラウド「SAP Ariba Cloud」を導入

SAPジャパンは、調達プロセスの効率化を図るため、横浜ゴムが同社の調達・購買向けクラウドソリューション「SAP Ariba Cloud」を導入したと発表した。

[MONOist]

 SAPジャパンは2019年3月27日、調達プロセスの効率化を図るため、横浜ゴムが同社の調達・購買向けクラウドソリューション「SAP Ariba Cloud」を導入したと発表した。

 横浜ゴムは2003年よりオンプレミス型のSAP Aribaを使用し、間接材の調達業務に取り組んできた。しかし、2020年に同社が使用するOSのサポート期限が切れるため、新しい調達・購買ソリューションの導入を検討。調達業務の生産性向上や安価な調達、高度な内部統制レベルの維持などを主眼とし、ソリューションの選定を開始した。同時に、一部別システムで実施していた調達業務も含め、全ての間接材調達業務を集約することを目指した。

 今回、グローバル化対応や強力な検索機能、機能性などを評価し、SAP Ariba Cloudの導入を決定。グローバルで380万社のバイヤー、サプライヤーが参加するビジネスネットワーク「Ariba Network」の存在も採択の理由になったという。

 導入プロジェクトは2018年2月から開始し、同年10月に一部拠点で稼働を開始した。同年11月には、国内拠点における導入が完了した。

 同ソリューションの導入により横浜ゴムでは、調達業務の効率化やミス発生率の低下、社内規則に則った承認行為の適正化を期待しているという。さらに今後、同社の海外拠点へも同ソリューションの導入を進めていく予定だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.