特集:IoTがもたらす製造業の革新〜進化する製品、サービス、工場のかたち〜
ニュース
» 2019年04月18日 14時00分 公開

ハノーバーメッセ2019:“コト売り”化を加速するコニカミノルタ、デジタル製造での導入実績をアピール

コニカミノルタは、ハノーバーメッセ2019(2019年4月1〜5日、ドイツ・ハノーバーメッセ)において、IoTビジネスプラットフォーム「Workplace Hub」を中心に、デジタル製造領域のソリューションを紹介。欧州などで出始めた事例を紹介し、導入が進んでいることをアピールした。

[三島一孝,MONOist]

≫ハノーバーメッセ2019特集はこちら

 コニカミノルタは、ハノーバーメッセ2019(2019年4月1〜5日、ドイツ・ハノーバーメッセ)において、IoTビジネスプラットフォーム「Workplace Hub」を中心に、製造業向けのソリューションを紹介。欧州などで出始めた事例を紹介し、導入が進んでいることをアピールした。

photo ハノーバーメッセ2019のコニカミノルタブース(クリックで拡大)

「Workplace Hub」はハードウェアの種類を拡大

 コニカミノルタがデジタル製造領域に進出し、ハノーバーメッセに出展するのは4回目となる。デジタル製造ソリューションでは、欧州市場を重点市場の1つとして、積極的に取り組んできたが1つの軸として展開するのが「Workplace Hub」である。

photo ハノーバーメッセ2019での「Workplace Hub Edge」の展示(クリックで拡大)

 「Workplace Hub」は複合機をグローバルで展開するコニカミノルタの従来の強みを生かし、複合機ハードウェアにサーバ機能やIoTゲートウェイ機能を持たせてIoTプラットフォームとして活用する発想で生まれたものだ。「Workplace Hub プラットフォーム」として、複合機のハードウェアやOSなどのオンプレミス基盤と、遠隔監視や遠隔保守、ストア機能、従量課金基盤などのクラウド基盤を組み合わせたハイブリッドプラットフォームとして提供する。

 従来は複合機の形をしたオールインワン型のパッケージとしての提案だったが、タワー型およびラックマウント型などハードウェアのバリエーションを広げる方針を示す。ハノーバーメッセ2019では、ラックマウント型の「Workplace Hub Edge」を展示し、身近なIoTプラットフォームとしての価値を訴求した。

 欧州ではパイロット的に導入が進む案件が数多くある他「ドイツでは複合機で高いシェアを保有しており、最終的にWorkplace Hubを使わなくても、複合機型のIoTプラットフォームということをフックに、他のデジタル製造ソリューションにつながるケースも多い」(コニカミノルタ 産機光学システム事業本部 デジタルマニュファクチャリング事業部 事業推進部 アシスタントマネジャー 永山敬一氏)という。

 欧州でのコニカミノルタの顧客基盤としては中小製造業なども多いが、自社でのプラットフォーム構築が難しい場合には、包括サービス型の「スマートスタートパッケージ」を用意。コニカミノルタの知見やリソースを組み込んだSaaS型のソリューションとして展開し、Microsoft Azure IoT CentralやAxoomなどとの連携により、ユーザーの求める価値を実現するとし、普及を進める方針である。

各工程での導入実績をアピール

 その他、センサーや画像技術を生かしたデジタル製造における稼働監視や動線管理などの国内事例や欧州事例を紹介した他、保全や品質確保、物流などの各工程別ソリューションを紹介した。

photophoto 工場の画像撮影情報をAIで分析し稼働監視や動線管理などを行う国内事例の紹介(左)、物流、搬送ソリューションとしてAGVを出展。コニカミノルタはカメラの画像技術や認識技術などを担う(右)(クリックで拡大)
photophoto ガス検知用カメラ。会場では実演デモを披露。既にプラントなどのガス漏れ検知用として導入が進んでいる(左)、色検査用システム。色を数値で計測できる。こちらも製品の品質検査用として導入が決まっているという(右)(クリックで拡大)

 「われわれの今回の展示で強く訴えたいのは、コニカミノルタ自身がモノ売りからコト売りへ大きくシフトしているという点だ。さらに、ソリューションプロバイダーとして転換を進める中でも数多くの事例ができ始めており、現実的なソリューションとして受け入れられている」と永山氏は強調していた。

≫ハノーバーメッセ2019特集はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.