デジタルツインを実現するCAEの真価
ニュース
» 2019年04月19日 13時00分 公開

CAEニュース:マルチスケール材料モデリングプラットフォームの最新版を発表

エムエスシーソフトウェアは、マルチスケール材料モデリングプラットフォームの最新版「Digimat 2019.0」を発表した。新しい材料システムや強化プラスチック部品の高精度衝突シミュレーションなど、多彩な機能が追加されている。

[MONOist]

多彩な機能が追加された「Digimat 2019.0」

 エムエスシーソフトウェアは2019年4月9日、マルチスケール材料モデリングプラットフォームの最新版「Digimat 2019.0」を発表した。機能追加や強化により、複合材料部品の設計、製造を効率化し、コスト低減に貢献する。

 Digimat 2019.0では、精度の向上に加え、新しい材料システムや強化プラスチック部品の高精度衝突シミュレーション、材料ライフサイクル管理システム「MaterialCenter」との強力なインタフェースなど、多彩な機能が追加されている。

 強化プラスチック材料を用いる軽量部品設計には、高精度な破壊、衝突シミュレーションを実装。材料のミクロ構造が反映されることにより、繊維配向分布やウェルドラインの位置、特定を予測する新機能が導入され、初期段階からより適正な設計ができる。また、新しいひずみ速度依存モデルが、衝突解析用材料モデルの作成時間を削減し、煩雑な手順を大幅に改善する。強化プラスチック部品の寿命を予測する、一定振幅荷重疲労解析の最新ワークフローも備える。

 繊維強化樹脂については、反りを予測して緩和するプロセスシミュレーション能力、製造後の部品性能を検証する機能を搭載。発泡材料のモデリングも可能で、エンドユーザーがミクロ構造を制御し、材料特性を要件に合わせて調整できる。

 さらに最新版では、積層複合材料の仮想クーポン試験「Digimat-VA」とMaterialCenterの連携が強化され、複合材料データベース「Digimat-MX」に材料サプライヤー2社と、68の材料グレードが追加されている。

photo 「Digimat」の「複合材料解析の動向」(クリックで拡大) 出典:エムエスシーソフトウェア

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.