ニュース
» 2019年05月01日 07時00分 公開

工場ニュース:安川電機、スロベニアの新工場で産業用ロボットの生産を開始

安川電機がスロベニアに設立した新工場が、産業用ロボットの生産を開始した。欧州市場の顧客ニーズに対応しつつ、欧州、中東、アフリカ全域をカバーする新たなサプライチェーンを構築する。

[MONOist]

 安川電機は2019年4月10日、スロベニアのコチェービェ(Kocevje)市に新工場「YASKAWA Europe Robotics d.o.o.」を設立したと発表した。同工場は、同年1月から産業用ロボットの生産を開始している。

 安川電機は、福岡県(北九州市、中間市)と中国江蘇省(常州市)にロボット生産工場を有している。今後、増加が見込まれる欧州のロボット需要に対応するため、スロベニアに生産拠点を新設した。

 新工場の建築面積は1万2500m2で、生産能力は2021年度計画で月産500台だ。工場新設により、欧州市場の顧客ニーズに対応しつつ、欧州、中東、アフリカ全域をカバーする新たなサプライチェーンを構築する。

 産業ロボットの市場は、新興国の経済発展や労働力不足の解消を背景に、今後需要が増加する。日本と中国、欧州の3拠点体制となることで、最適地生産による相乗効果を図り、需要増や市場の変化に対応していく。

photo スロベニアの新工場 出典:安川電機

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.